燃え盛る、11月の振りかえり

スポンサーリンク

燃え盛る紅葉(こうよう)が見事な11月、お出かけが楽しい季節でした。そんな今月の、共働き育児生活を振りかえりたいと思います。ちなみに先月はこちら。

淡々と過ごす、10月の振りかえり

淡々とした日常から一転。11月は公私とも、紅葉と同様に燃え盛っていました。こちらはまったく楽しめなかった。

子どもたちの発熱

1つ目の「燃える」は子どもたち。4歳息子が突然40度超えの高熱をだし、夫婦ともに右往左往でした。

子供の発熱で在宅勤務(テレワーク)制度が本領発揮した

在宅勤務(テレワーク)で、必要最低限の仕事を何とかこなすも、4歳に続き末っ子1歳までも発熱したときは、「あああーー!!」と白旗をぶんぶん振り回したくなりました。

ただ蓋をあけてみると、夫婦でこれだけは外せない仕事を話し合い、交代で仕事(在宅勤務、出勤)と子どもたちのお世話(病院含む)に挑んだところ、「ああ、何とか乗り切った……」と胸をなでおろした翌週。

私の仕事が炎上

私の仕事が燃えました。

育休復帰して10ヶ月、仕事が重くなってきた

担当するプロジェクトが最終局面にさしかかり、問題が徐々に明らかになってきた11月後半。すべてにおいて即断即決が求められ、なかなか最前線から離れられません。中堅の職責がツラい。

実は、この週は子どもの病院(定期)で私が年休を取る予定でしたが(いつもは夫と交互に調整して休んでいる)、どうにも休める状況ではなくなり、病院はリスケか……と覚悟すると

「その日なら休めるよ」

夫が業務調整し、家庭中心で活躍してくれました。夫の存在が心強すぎて泣けてきます。ありがたやー。

共働き育児、夫婦のチームワークに助けられる

今月は、コロナで在宅勤務(テレワーク)が始まってから初の、夫婦同じタイミングで在宅勤務を行いました。もちろん、お互いが働く現場をみるのは初めて。それぞれの置かれている状況がうすぼんやり分かり、これまで以上に夫との連携が取れたと感じました。

夫婦はチームとよく言います。

チームワークのありがたみを身に沁みて感じた11月が終わったところで、師走へと突入です。12月は、とりあえず火消しに頑張ります……。

▽ 共働き育児生活、こちらもどうぞ

淡々と過ごす、10月の振りかえり

次に進む、9月の振りかえり

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /