共働き夫婦、年休消化のスピード

スポンサーリンク

本年度も残り半年。つい最近、夫と残りの年休日数について話をしました。

「今でちょうど半分使ったところだよ」と夫。 このペースだと年度末には1年分の年休すべてを消化するスピードとのこと。
実は私も全く同じペースで年休を消化しています。 二人合わせると40日以上、1年間で年休を使うことになる。ハイペースな消化率に震えます。

年休の主な取得理由のひとつは、長女の小学校の行事(保護者会、個人面談など)でした。
これらは平日昼間にあるため、年休で対応しました。それはしょうがないとして、せめて直前に「3日後に来てください」とかはやめて欲しい……。
やはり保育園と比べて、小学校になると平日の呼び出しがぐんと増えるなぁと じわじわボディブローのように仕事に影響しています。

もう1つは、次男の定期検診で月2回休んでいます。
発達発育に遅れがある次男は、現在3つの病院と1つの施設に通っています。通院日は数か月前から分かっているのでここは計画的に年休を取得。ただこれに加えて、急な発熱で病院へ駆け込むことも数回あり、直前で仕事に穴を開けざる得ないこともありました。

子育てしながら働いていると、仕事を休む回数が増えてしまいます。 調整してなんとかやっていますが、わが家の年休消化スピードをみると、片方だけの年休日数だととてもじゃないけれど、足りません。

「お互い交互に年休を取ろう……」

夫と残りの年休の数を確認し合い、改めて2人で決意したのでした。

▽ 共働き生活のこと、こちらもどうぞ

新小1の生活がはじまった4月の記録

「共働きの家事育児100タスク表」をチェックしてみた

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /