ホットクックのある生活|夏のやさしいごはん、冷やし麺と蒸し野菜

スポンサーリンク

8月になり、猛暑日が続いている。

日中の熱がじんわりと身体に蓄積され、夕方になるともう身体がくたくたで頭がふらふら。ごはんを作る気力もなければ、ガッツリしたものを食べる体力もない。

作るも、食べるも、やさしいごはんがいい。

そんな先週は、ホットクックでこの二品をよく作り、食べていた。

1. 冷やし麺

ホットクックは「めんをゆでる」機能がある。

真夏のキッチンで、いくら冷房が効いてるとはいえ、大量の湯をもうもうと沸かす作業は想像だけで汗だくなので、8月からはホットクックの「めんをゆでる」をヘビーに使っている。ありがたい。

実はこの夏、末っ子1歳がアデノウイルスに罹患してしまった。症状には喉の痛みがあり、息子はごはんを飲み込むことすらひと苦労。唯一まともに食べられた食事が、冷やし麺だった。

そんなわけで、素麺・乾麺・中華麺を毎日毎日ホットクックで茹でたので、もう寝ながらでもできるようになりました(うそです)。

2. 蒸し野菜

私的・2020年夏の食卓ニュースをもうひとつ。

今年は、葉物野菜の高騰が食卓を直撃した。私も夫も、レタスやベビーリーフたっぷりのうえに、ローストチキン、煮豆、粉チーズをのせたパワーサラダが大好きで、食欲がなくてもこれだけは食べたい!とよく作っていたのだけれど、サニーレタス400円はさすがに購入を躊躇してしまうよね。

そこで、比較安定価格だったキャベツ、人参、玉ねぎ、もやし、ピーマンなどを最近はよく買っている。これら野菜で作るのは、サラダのかわりに蒸し野菜。

ホットクックの「無水でゆでる」で蒸した野菜は、クッキングペーパー等で水気を切り、冷やし、卵や蒸し鶏をくわえ、香味野菜ドレッシングで和えると、ああ、間違いなくおいしいヤツ……!

ホットクックのあるはじめての夏。

今年は、例年にもまして厳しい夏だけど、「やさしいごはん」が簡単にできるようにもなったので、なんとか酷暑を乗り切れそう。体調管理して頑張ります。

▽ わが家のホットクックは、こちら(2.4Lタイプ)


シャープ KN-HW24E-W 水なし自動調理鍋 「ヘルシオ ホットクック」(2.4L) ホワイト系

▽ ホットクックのこと、こちらもどうぞ

ホットクックのある生活|食材整理で、野菜や卵を茹でまくる日

初心者がホットクック100回でよく作った料理ベスト3

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /