ホットクックでつくる蒸し鶏の棒棒鶏(バンバンジー)

スポンサーリンク

すっかり夏ですね! 関東では連日30℃を超える日が続いています。私は、食事づくりの気力も、食欲もすっかり失せているこの頃。夕飯はあっさりしたものが食べたいです。

最近はよくメイン料理で「棒棒鶏(バンバンジー)」を食卓に出しています。週1でつくる夏の定番おかずです。

材料

材料はこちらです。

  • 鶏むね肉 1枚(約300g)
  • きゅうり 2本

<合わせ調味料>

  • 醤油 大さじ2
  • 酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • すりごま 大さじ2
  • ごま油 小さじ1
1|蒸し鶏のつくり方

はじめに蒸し鶏をつくります。以前は炊飯器の保温機能でつくっていましたが、

炊飯器でつくる鶏ハム(サラダチキン)とアレンジレシピ2つ

ホットクックを使うようになってから、蒸し鶏がさらに簡単に美味しくつくれるようになりました。

皮を取り除いた鶏むね肉に砂糖、塩(分量外)をすり込み、ビニール袋に入れて口をしっかり閉じます。

ホットクックに鶏むね肉が入ったビニール袋を入れ、袋が被るくらいの水を加えます。あとは、「手動モード」の低温調理で加熱。私は70℃×1時間でつくりましたが、しっかり火が通り、軟らかく仕上がりました。

2|棒棒鶏(バンバンジー)のつくり方

蒸し鶏は食べやすい細さになるよう、手で割きます。

きゅうり2本を千切りし、蒸し鶏に加えます。

合わせ調味料(醤油、酢、砂糖、すりごまが各大さじ2、ごま油が小さじ1)を蒸し鶏ときゅうりにかけてよく混ぜ合わせます。

完成です。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておきます。

棒棒鶏(バンバンジー)は火を使わずにできるので、つくるのも、食べるのも涼しい料理です。以前は「きゅうり苦手!」「酸っぱいのやだ!」と箸をつけなかった子どもたちでしたが、今年の夏はなぜか「バンバンジー美味しい」と食べています。懲りずに毎年つくってよかったです。

▽ ぎゅってWebでも鶏むね肉レシピを書きました。よかったらこちらもどうぞ

平日の夕飯はササっと10〜15分でできる料理をつくります。そのため、子どもの「これ食べたい!」に応えられないこともありました。そのなかのひとつが唐揚げ。平日の揚げ物は私にとってはハードルが高いのです。…

▽ わが家の暮らしが本になりました

スポンサーリンク

\ Share the article /