初夏の常備菜(照り焼きチキン・山形のだし)

スポンサーリンク

常備菜はホットクックで煮物ばかりを作っていましたが、

ホットクック常備菜|2021年4月第1週目

今週は久しぶりにオーブンレンジを使って準備しました。

5月第2週目の常備菜・2品

作ったのはこちらの2品です。

  • 照り焼きチキン
  • 山形のだし

以下、作りかたのメモです。

1|オーブンレンジで簡単照り焼きチキン

ネットスーパーで、鶏もも肉を2パックを誤って発注してしまったので、

まるごとポリ袋にドーンと入れまして、焼肉のタレをドバドバっと追加。甘辛いタレに漬けて焼くことにします。今回は、焼肉のタレが足りなかったので残っていたすき焼きのタレも投入。タレがなければ、醤油とすりおろしニンニク(チューブ)でも美味しいのです。

皮目を上にし、250℃で20分ほど焼きます。焦げ目がつき、なかまで火が通ったら完成。

出来上がりです。照り焼きチキンはメインで出してもよし、子どものご飯に添えてもよし。今回は、ラーメンやサラダのトッピングでにちょこちょこ消費しました。すこしお肉を足したい時に便利な常備菜です。

2|夏の定番山形のだし

薬味やきゅうりが安く出回ってきたら、山形のだしの出番。夏場には毎週つくるわが家の定番常備菜です。今年は今回が初。

山形の「だし」を食べつくす、休日の食卓(別ブログ)

オクラはホットクックで蒸しました。蒸し時間1分でしっかり火が通りました。

オクラを蒸している間に、きゅうり・みょうが・大葉をみじん切りします。カットした先からどんどん保存容器へ投入。

茹で上がったオクラも同様にみじん切りして、保存容器へ。最後に、塩こんぶとめんつゆで味つけし、しっかり混ぜ合わせます。味が馴染む翌日が食べ頃。冷奴にもりもり乗せて食べるのが好きです。容器いっぱい作って、3日ほどでなくなりました。

ホットクックを使い始めて一年。便利すぎて、気がつけばホットクック調理中心のメニューに偏っていました。久しぶりにオーブンで照り焼きチキンを焼いたところ、ぱくぱく食べる子どもたち。食いつきの良さに、うれしくなりました。たまにはオーブン調理も活用したいと思います。

▽ 日々の料理、こちらもどうぞ

効率よく料理する工夫(2021年版)

スライサー(愛工業Aセット)を使った料理

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /