平日夜にお子様ランチを作った

スポンサーリンク

もうずいぶん昔の話なんですが、ひとり暮らししたばかりの一時期、お子様ランチづくりにハマっていました。(20代女性、独身)

ときにはひとりで、またあるときには友人数人と集まってのお子様ランチづくり。ハンバーグをこね、海老フライを揚げ、ポテトサラダをつくる台所はもうしっちゃかめっちゃかだけど、数時間かけて作った料理たちをワンプレートにぎゅっと盛り付けて国旗(自作)を刺すと、うん、滅茶苦茶楽しい。

現在、3児の母。上の子ふたりは、たまの外食でお子様ランチ的なものを喜々と頼むようになりました。あれ?いまこそ自宅でお子様ランチを作るベストタイミングなんじゃなかろうか。

そう思いつつ、過去の経験から「あれって、生活に余裕がないとできない代物だよなぁ……」が頭をよぎりなかなか着手できずにいました。

が、ついに作りました。頑張りました。

まずは計画から。平日夜にさくっとできるよう、揚げ物や作業工程の多い料理はすべてカットした「お子様ランチ」の設計図を描きます。

今回は、

  • ナポリタン(ホットクック調理)
  • ハンバーグ(冷凍食品)
  • きゅうり、ミニトマト(切るだけ)
  • ゆで卵(ホットクック調理)
  • ポタージュスープ(ホットクック調理)

以上。ホットクックと冷凍食品を使い倒します。平日夜は、盛り付けに徹するのだ。

実際に作ったお子様ランチ(もはや夕飯なのでランチではない)はこちらです。スペースが余ったので、果物も一緒に盛り付けました。子どもたち、多分先に果物から食べちゃうと思うけど仕方ない。お子様ランチの日は特別です。

実はこの日(平日)は、娘の誕生日でもありました。はじめてのお子様ランチ in 自宅に、娘はとても喜んでくれました。よかった。

お楽しみのオマケはドラえもんのチョコエッグ。今後、「お子様ランチ」のオマケは、折り紙とかシールとかちょっとしたモノにするつもりだけど、今回はお誕生日仕様ということで。

手間ひまかけないお子様ランチづくりもなかなか楽しかったです。またやろー(30代女性、既婚)

▽ いつものごはん、こちらもどうぞ

ドライカレーの子供の食べがとても良かった

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /