年に一度の床掃除とコルクマットのメンテナンス

スポンサーリンク

GW連休は、ふだんはできない大掃除を頑張りました。

年に一度、リビングの床掃除

わが家の床はコルクマットを敷き詰めています。長いものだと6年以上使っています。

ラグのかわりにコルクマットを使っています。好きなポイント3つ

子どもが乳幼児の時期は、コルクマットの床が最高。わが家ではまだまだ使い続けたいので、年に一度、マットのメンテナンスを兼ねて床掃除をしています。

リビングの家具をすべて、となりの子ども部屋に移しまして、

1|コルクマットをぜんぶ剥がす

コルクマットをひっぺがしていきます。この作業は子どもたちにお任せです。皆、お手のもの。1~2歳台に散々剥がして遊んでいたもんね。

コルクマットを1枚ずつ重ねてとなりの部屋に運びます。写真は末っ子(2歳)。盛んにお手伝いしてくれるようになりました。頼もしい!

2|フローリングを水拭きする

フローリングが久しぶりに見えたところで、6歳と4歳に雑巾を渡してよーいドン。二人とも速い速い!あっという間に床がピカピカになりました。

3|コルクマットのサイズを調整

疲れた(飽きた?)子どもたちはとなりジャングルで遊んでもらうことにして、私と夫でコルクマットを拭きながら一気に並べていきます。

端っこ到達するとすこし浮き上がっていました。コルクマットは踏まれるうちに少しずつ伸びるので、部屋に敷き詰める場合は定期的に端をカットする必要があります。わが家のリビングではおおよそ8✕8枚をぴっちり敷いており、1年間で全体が約2㎝ほど伸びました。

壁にピッタリの長さになるよう、はさみで余分なマットをカットし、

終了です!

水拭きした床は裸足でも気持ちいい。夏目前にリビングの床をさっぱり掃除できてよかったです。

▽ わが家のコルクマットはこちら

▽ 家事のこと、こちらもどうぞ

季節の変わり目のクローゼットを整理

共働き育児の平日ルーティン家事(2020年版)

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /