季節の変わり目にクローゼットを整理

スポンサーリンク

オールシーズン30着の服で暮らしています。

服が少ないと良いことのひとつに「衣替えが不要になった」があります。衣替えの代わりに、季節の変わり目はクローゼットの整理をします。

衣替えの季節にしないこと、すること

あいにくの雨の週末、そろそろ春服の点検でもしようかな、とクローゼットの中身を全て出しました。

2LDKマンション暮らしのわが家は、夫婦共有のクローゼットです。空っぽのほうが、私の服をしまうスペース。ハンガーにかける服の割合だと私が6割、夫が4割かなぁ。引き出しの服はその反対です。

洋服は、一着ずつブラシをかけながら、傷み・毛玉・汚れをチェックしました。この冬に着用した服はせいぜい10着ほどなので、ブラッシングは15分で終わりました。

平日のバタバタの最中では、服の入念な点検はままなりません。改めてじっくり見ると汚れや毛玉を発見して、「お、おう…」となります。今回は、くすみの気になった白のニットを漂白することにしました。

(大きな声では言えませんが、ニットはほぼ洗いません。シーズン中に洗う頻度は5回くらい?よほど汚れないかぎり、着用したらブラッシングをして風通しのよいところに1日放置したあとにまた着ています)

クローゼットを整理すると出てくるのが、もう着なくなった洋服たち。

以前は整理するたびにわんさか出てきた「あまり着ない服」は、年々少なくなりました。今回「この服は、もう着ないかなぁ…」と感じた服はこちらのワンピース一着のみ。

先日、セレモニー用のワンピースを新調したため、

私と娘の、卒園式・入学式のセレモニー服

着る機会が被っているこちらのワンピースは、悩みつつも処分することにしました。実は、膝が半分でる丈が気になって、最近とんと手が伸びなかったのです。

状態がよいので、『ブランディア』で宅配買取してもらいました。値段こそつきませんが、キレイな状態の服を捨てなくてすむのは精神衛生上良いです。

クローゼットに服を戻しました。色別に並べてすっきり。

クローゼット、たったひとつの収納ルール

そろそろ春服を眺めることが楽しい季節です。手持ちの服と相談しつつ、必要なものだけを買い足したいと思います。

▽ 服の整理、こちらもどうぞ

服の適量とシンプルな管理方法

仕事用の、軽くてシンプルな黒バッグ(エルベ、ロンシャン)

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /