クローゼット、たったひとつの収納ルール

スポンサーリンク

前回に引き続きクローゼットのこと。

関連記事 服の適量とシンプルな管理方法

私は服の枚数が適量(30枚ほど)を超えないよう、ハンガーの本数以上は買わない、をマイルールにしています。

で、クローゼットに関しては、もうひとつマイルールがありまして。

それは、「色別に並べる」です。

(夏服のグラデーション配色)

この収納を実践している理由は、単純にキレイだから、見ていて楽しいから、です。もう趣味の世界。

7,8年はグラデーション収納なので、いまでは色が乱れるちょっと居心地悪い……。

そんなわけで、自然とたくさんの色の服を持たなくなりました。

直近のクローゼットのカラーは、白、ベージュ、グレー、紺、黑のベーシックな色が7割。残り3割が、イエロー、ピンク、ブルーの差し色です。

(カラフル服はこの2着)

(ブルー、白、黒が定番色)

以前はもう少しカラフルでしたが、私はパーソナルカラーがブルベウインターなので、得意なカラー(私の場合は、ラッキーな事に得意と好きな色がほぼ被っていた)に寄せて服を買っていたら、こうなりました。

クローゼットの収納ルールを決めてから、服の買い方がガラリとかわったことは、自分にとって面白い発見だったので、今回のブログ書きました。

グラデーション収納、オススメです。

▽ 服の選び方、こちらもどうぞ

服の衝動買いの失敗が減った、私の買い物プロセス

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /