ホットクック常備菜|8月第3週目

スポンサーリンク

週末にホットクックを4回動かして常備菜を作りました。

夏バテ気味であっさりしたものが恋しく、ひたすら野菜やお肉を蒸しただけの常備菜。今週のラインナップはこちらです。

  • 山形のだし(オクラは1分蒸す)
  • とうもろこし(6分蒸す)
  • ほうれん草(3分蒸す)
  • 蒸し鶏(70℃、1時間の低温調理)

カッコ内はホットクックの使用状況です。全て手動モードの「蒸す」「低温調理」で加熱しています。野菜の加熱時間は適当でしたが、ちょうど良い火の通り具合だったのでこちらに記録しておきます。

山形のだし

夏の定番の山形のだしは、以前に作り方と食べ方をnoteに書きました。よかったらこちらもどうぞ。

山形の「だし」を食べつくす、休日の食卓(別ブログ)

蒸し鶏

最近蒸し鶏にはまっています。

手で割いてそのまま食べてもよし。きゅうりとあえて棒々鶏風にしてもよし。わが家は基本的に冷凍肉を買いますが、8月は「皮なし鶏むね肉」を毎週ネットスーパーで注文していました。

届いたらすぐ、むね肉に塩と砂糖ふり、加熱できるビニール袋入れて冷蔵庫で放置します。数時間から一晩置いた後、ビニール袋のままホットクックに入れ、蒸し鶏を作ります。

水をかぶせ、低温調理70℃、1時間でじっくり火を通せば出来上がり。ちなみに炊飯器の保温機能でも同じような蒸し鶏は調理可能です。どちらのレシピももしっとり美味しいく出来上がります。

炊飯器でつくる鶏ハム(サラダチキン)と、アレンジレシピ3つ

常備菜があると安心です

ホットクックの調理時間の合間はひたすら野菜をカットします。

今回は味噌汁用の人参・玉ねぎのスライスと、小ねぎ・みょうが・大葉などの薬味をたっぷり。夏のご飯は、薬味とめんつゆででだいたい美味しく食べられます。

ホットクックがあると簡単に蒸し料理ができるし、汗だくでフライパンを振らなくてもすむ。夏場には最強の調理器具だなぁと改めて思いました。

▽ 前回までの常備菜こちらもどうぞ

ホットクック常備菜|2021年6月4週目

ホットクック野菜蒸し用のザルを購入

▽ わが家のホットクックは、こちら(2.4Lタイプ)


KN-HW24F-W シャープ  ヘルシオ ホットクック 無水調理 水なし自動調理鍋 ホワイト

\ ランキング参加中 /

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

\ わが家の暮らしが本になりました /

スポンサーリンク

\ Share the article /