テレワークの日のひとりご飯(ホットクック)

スポンサーリンク

週に1,2度、自宅で昼ごはんを食べています。

ふだん家族の食事を用意していると、ひとりぶんのご飯を作ろう…という気は起きず、たいていホットクックに作ってもらいます。しかも、使う機能は「めんをゆでる」のみ。仕事中は、ご飯のことまで頭が回らないので、ランチメニューは「麺」で固定です。

昼休憩まであと30分!の時点で一度キッチンへ。ホットクック内鍋に大量の水をはり、「めんをゆでる」をセットしてから仕事に戻ります。お湯が沸くと「食材をくわえてくださーーい」と呼ばれるので、麺を投入。レパートリーは、パスタ、蕎麦、うどんの乾麺をローテーションしています。あとは、茹で上がるのを待つのみ。麺が茹で上がったと同時に、昼休憩に入ります。

たらこパスタにパクチーとナンプラーを加えたら、アジアンカフェ飯かと思いました。

別の日は、蕎麦。真夏だったので、常備していた「山形のだし」と朝食の残りの卵焼きを加えてあっさりと食べました。

麺つゆには、ラー油とすりごまを合わせるのも好きです。

昼食調理に使った内鍋は、そのまま水でざっと流して、引き続き夕飯や常備菜を仕込んでいます。テレワークの日は、ホットクック調理がはかどります。

関連記事 ホットクックと共働きの夕飯づくり(別ブログ)

そういえば、育休中にもひとりで食べる昼ごはんについて書いたよなぁと思い出し、アーカイブを漁ると、

2ヶ月ほど前、ひとりご飯でよく食べていた『無印良品のレトルト食品』ついて書いた。 産休に入ってから赤ちゃんが産まれるまでの1ヶ月間。 ここぞとばかりに頻繁に外食したり、また、家でも『無印良品レトルト』中心の少しだけ贅沢なごはん(このレトルト食品は、1個あたり300~500円ほどする)を食べていたけれど

すごい!常備菜いろいろ作っている!!

思わず自画自賛してしまいました(笑)定期的に、現在の状況とご飯を記録しておくと、振りかえったときに面白いですね。

▽ テレワークの日常、こちらもどうぞ

50平米マンション暮らしのテレワーク環境

テレワーク(在宅勤務)の日の身支度

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /