通勤用にmarimekko(マリメッコ)のバッグパック「Kortteli City」を新調

スポンサーリンク

通勤用にリュックを新調しました。

これまでトートバッグを愛用していましたが、

仕事用の、軽くてシンプルな黒バッグ(エルベ、ロンシャン)

リモートワークでパソコンや周辺機器を持ち歩くようになったため、大容量のバッグが必要となったのです。通勤は、保育園に子を送迎した後、駅まで自転車。機動性・安全性を考えるとリュックが良いだろうと、新たにビジネスリュックを探すことにしました。

働く母がビジネスリュックに求めること

アラフォー・ワーママの私がリュックに求めることは、

  • 15 インチのノートPC(A 4サイズ)が収まる
  • シンプルなデザイン
  • ポケットは多すぎない
  • 色は黒
  • 大きすぎない
  • カジュアルすぎない(スーツに合わせてもギリいける)

要求が多すぎて、見つかるかどうか不安です。

marimekko・Kortteli City に決めた!

探し始めて1ヶ月。出会いは突然訪れました。

何気なく眺めていたサイトでとあるリュックに目を奪われます。そこには、シンプルな見た目・A4収納ポケット有り・大容量とビジネスリュックの基本をしっかり抑えつつも、スーツからカジュアル服まで幅広く似合うリュックがありました。

marimekko(マリメッコ)のKortteli City(コルッテリシティ)です。マリメッコといえばナイロン製のバックパック・Buddy / Metro が有名ですが、Kortteli Cityはさらにシンプルで、ビジネスより。良い!

上部はラウンドですっきりコンパクト。マチが広く収納力は申し分ありませんでした。通勤に必要なものはすべて収まります。

内ポケットは4つ。背面ポケットにはパソコンとバッテリーを、真ん中は予備(いつも空っぽ)。手前ポケット2つに会社用スマホとケーブル関係を入れています。

A4サイズのパソコンがらくらく入りました。

ちなみに、リュックのフロントポケットには定期・スマホ・財布などすぐに取り出すものをしまっています。サイドポケットはありませんが、私はたくさんポケットがあるとバッグの中でモノを見失うのでこれぐらいが丁度良かった。人によってはサイドポケットがないと不便に感じるかも?

リュックとともに身軽に仕事したいです!

背面にある、「marimekko」のさりげない刺繍がお気に入りです。

末っ子が抱っこ紐を卒業し、晴れてバックパックデビューを果たしました。なんで今まで使ってこなかったんだろうと思うほど快適です。リモートワークの普及でパソコン一つで身軽に飛び回る環境が出来つつあります。これから徐々に出張も増えてくることでしょう。バックパックとともにワーママ7年目を駆け抜けたいと思います。

▽ marimekko(マリメッコ)のKortteli City(コルッテリシティ)はこちら


marimekko マリメッコ KORTTELI CITY

▽ 通勤服のこと、こちらもどうぞ

2021年夏の服。衝動買いしたもの3つ

2021年春の通勤服

ランキング参加中です
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

わが家の暮らしが本になりました

スポンサーリンク

\ Share the article /