少ない服で暮らしたら、偏愛アイテムが見えてきた

スポンサーリンク

オールシーズン、30着の服で暮らしています。

服の適量とシンプルな管理方法

服を厳選したところ、自分がつい買ってしまう「偏愛アイテム」が一目瞭然となりました。少ないながらも、私のクローゼットで多くの割合を占めていたのは、こちらの3種類でした。

1|定番カラーは「白」多し

クローゼットの半分以上は、コーディネートの基盤・モノトーンカラー(黒、グレー、白)です。なかでも「白」は、季節問わず、トップス、ボトムス、コートとまんべんなく所有していました。白ニットは毎年購入しています。

ニットを選ぶ基準|色は地味、形はひと工夫、素材はそれなり

「白」の好きなところは、毎日同じ服でも気づかれにくい、です(いや、気づいてそっとしているだけかもしれませんが……)。ふだんは、2、3日おきにトップスは同じ白アイテム、ボトムスだけ変えて出社しています。

ちなみに、以前別ブログでもこんなふうに書きましたが、

「トップスは汚れの目立たない柄物と汚れても漂白できる白が最強なんです」

──『育児中ファッションのお手本は美容室にあった』より引用

「白」は育児中でも案外手に取りやすいと思います。

2|アクセントカラーは「ピンク」と「エンジ」

クローゼットの残りの半分は、色・柄アイテムです。といっても、ネイビーや青が多く、全体を見渡しても色味はさほど多くありません。

クローゼット、たったひとつの収納ルール

そのなかでひときわ目を引くのが、「ピンク」と「エンジ」。くすんだピンクからエンジにかけての暖色系グラデーションが好きで、服や小物にも取り入れています。身に着けると元気がでる色です。

育児アイテムもピンク率高めでした。

産後ブルーな気持ちのときは、ピンクのチカラを借りてみた(別ブログ)

3|柄ものは「青」に偏る

最後に「柄/プリント」アイテム。もともと現在の少ない服に至るまでは、さまざまな「柄」がクローゼットを占領してたほど、実は「柄/プリント」アイテムに目がありません。幾何学なオリエンタル柄から、多彩なボタニカル柄まで、どれも好き。

けれども、柄アイテムばかりでは、毎日同じ服だとすぐバレる(先ほどの白とは対極)。週5会社員生活では、柄を着る機会も少ないです。厳選していった結果、柄モノは「青系」に偏りました。自分でも意外です。まさに、「青×柄」は私の偏愛アイテムなのかもしれません。

少ない服で暮らしてみた結果、自分のスキが濃縮されたクローゼットになりました。偏りが愛おしいです。

▽ 毎日の服のこと、こちらもどうぞ

週5で身につける、お仕事服の黒のアイテム

衣替えの季節にしないこと、すること

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /