いつもの調味料だけでできるピザソース

スポンサーリンク

朝食は、食パンにとろけるチーズをのせたトースト率が高いです。

子どもたちは、パンとチーズが大好きなので、機嫌よく食べる「チーズトースト」がわが家の朝の定番です。準備も簡単だし。

変化球で、ピザトーストもよくつくります。といっても市販のピザソースの買い置きはないので、食パンにケチャップを塗っただけのピザトースト。これでも十分美味しいのですが、ケチャップだけだと味がイマイチ決まらないなぁ…と思っていた矢先、いつもブログを書いているぎゅってWebさんでこんな記事を見つけました。

新学期が始まり、慌ただしい日々を過ごしている人も多いと思います。そんな毎日には冷凍食パンがとっても優秀。時間があるときに準備して冷凍しておけば忙しい日もすぐにおいしいパンが用意できます。そんな冷凍食パンのバリエーション6種を紹介します。

食パンに好きな具材をのせ、ラップをして冷凍庫で冷凍する「作り置き冷凍食パン」の紹介です。ボリューム満点な惣菜パンのバリエーションはどれも簡単、美味しそう。わが家は子どもたちが朝は少食なので、まだ大量作り置きは不要ですが、記事内で紹介されていた即席ピザソースはさっそく試してみました。

ケチャップ、マヨネーズ、にんにくすりおろし(チューブ)を準備して、

ぐるぐるぐる~っと混ぜ合わせます。いつも家にある調味料でできました。

ガスコンロのグリルで片面トーストしたパンをひっくり返して、ピザソースをぬり、とろけるチーズをのせて焼くとピザトーストの完成です。

ケチャップだけ塗ったピザトーストと比べて、かなり本格的なピザトーストの味になりました。美味しかった!もう専用のピザソースを買わなくて良いかも。これからは、調味料を混ぜるひと手間をかけてでも、即席ピザソースをつくろうと思いました。

子どもが朝からもりもり食べるようになった日には、冒頭の「作り置き冷凍食パン」もつくってみたいです。

▽ 毎日のご飯づくり、こちらもどうぞ

はじめての学童弁当づくり

ホットクック常備菜|2021年4月第1週目

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /