玄米でつくる甘酒(ホットクック)

スポンサーリンク

寒くなってきたので甘酒を仕込みました。

甘酒はごはんと米麹を混ぜ、発酵させてつくります。炊いた米、米麴、水を混ぜて55~60℃で数時間置くとできあがり。温度管理さえしっかりできれば、家庭でも簡単につくることが可能。炊飯器の保温機能でもできます。
わが家ではより簡単に、ホットクックでつくっています。材料を入れてスイッチオン。温度管理はまるっとホットクックにお任せして、6時間後にはほかほかの甘酒が完成です。

今回の甘酒は、白米ではなく玄米でつくってみました。

1|材料

  • 炊いた玄米300g(おおよそ1合弱)
  • 水400mL
  • 米麹200g

ホットクック付属レシピ集の2倍の分量でつくります。米麹は1袋すべて使いました。

2|作り方

ホットクック内鍋にすべての材料をいれ、よく混ぜ合わせます。このとき玄米は温かいものを、米麹はばらします。
ホットクックに内鍋をセットし、「メニューを選ぶ」→「カテゴリーを探す」→「発酵・低温調理」→「甘酒」→「スタート」をポチ。

6時間後にできあがり。ほんのりブラウンの甘酒に仕上がりました。冷蔵庫に保管して1週間ほどで飲み切ります。

玄米甘酒、美味しかったです!

甘酒は、お湯や水で薄めて飲んでいます。砂糖代わりにヨーグルトに混ぜても美味しい!

今回初めて玄米でつくりましたが、味は白米とさほど変らないように感じました。ただ、白米と違ってお米のつぶつぶ感や皮のざらっとした触感は残ります。私はまったく気になりませんが、子どもたちはちょっと苦手だろうなぁ(まぁ、そもそも甘酒自体が苦手なのですが……)。

冬場は甘い飲み物が欲しくなります。これからもちょこちょこ玄米甘酒をつくりたいです。

▽ 料理のこと、こちらもどうぞ

楽天で買う「茶色い主食」

ホットクックのある生活|在宅勤務の合間に甘酒をつくる幸せ

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /