クリスマス飾りを片づける

スポンサーリンク

今年も無事にクリスマス会が終わったので、

2020年クリスマスの記録

年越し前に、クリスマス飾りを片付けました。

制作物は写真を取り、厳選して残す

子どもの製作物は写真を撮ってから、厳選して残しています。今回は、6歳長女が保育園でつくったクリスマスリースのみを残し、ほかは子どもたちの了承を得て処分しました。最後に記念撮影。プレゼントを前に3人とも良い表情です。

リースの再利用と片付け

葉っぱや木の実で飾りつけたリースは、義母のお手製でした。

2020年のクリスマスの飾りつけ

2週間、リビングに彩りと癒やしを添えてくれたリースは、葉っぱがカラカラになりドライフラワーのような風合いになりました。これはこれで素敵なのだけれど、

葉っぱは木の実は取り外しました。義母いわく、土台の枝はまた再利用できるとのことなので、写真の状態で保管します。次回は、わが家でもリースの飾りつけにチャレンジしたいです。

クリスマス飾りから年始飾りへ

しまっておくクリスマス飾りは写真の分量となりました。クリスマスツリーとともに押し入れに片付けて今年のクリスマスはおしまいです。

2LDKマンション暮らし、「季節飾り」の収納場所

毎年少しずつ増えていくクリスマスの飾り、来年はどんな飾りつけになるのか今から楽しみです。

さあ、クリスマスの次はお正月。わが家は、これまで帰省することが多かったのでお正月飾りはあまりもっていません。唯一お正月っぽい干支飾りを出してみました。去年、一昨年と買った中川政七商店のモノです。

これにウシを追加して、ついでに千両も一枝購入し、ささやかながら年始を迎える飾りに変更すると、お正月気分になってきます。

今年も残りわずか、本日はまだまだ残している大掃除を頑張ります。

▽ 昨年のお正月とクリスマス、こちらもどうぞ

2019年・育休中のクリスマス記録|パーティ料理、5歳3歳1歳へのプレゼントなど

リビングの顔「飾りスペース」の1年間を振りかえる

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /