今年もビックカメラ無料配布のカレンダーをもらいました

スポンサーリンク

今年も、ビックカメラのカレンダーをもらいました。

毎年年末に店頭で無料配布されるこのカレンダー。その大きさ、その情報量に惚れ込み、もらい続けること3年目。今年も無事にゲット出来ました。これで安心して年を越せます。ありがとう、ビックカメラさん!

カレンダーの詳細は、昨年書いたこちらのnoteをご覧いただくとして(丸投げ)、

#わたしをかたちづくったもの 5歳児の情報源(別ブログ)

今回の記事では、2021年の特徴を書きたいと思います。

東京2020オリンピック・パラリンピック

東京2020オリンピック・パラリンピックの日程がカレンダーに引かれています。また、オリンピックの由来・スポーツの日の由来・夏季大会メダル獲得数などオリンピックにまつわるトリビアも掲載。

個人的には、夏季オリンピック・パラリンピックの歴代開催国が良かったです。子どもの頃に見たオリンピックの思い出がよみがえりました。

祝日か?平日か?

国会の審議により、祝日・休日が変わる可能性がある日は「白字」になっているとのこと。2021年は、7月、8月、10月で「6日間」もありました。

干支にちなんで「牛の雑学」

毎年楽しみな干支の動物に関する雑学。来年は丑(うし)年なので、こんな感じでした。

・牛は胃袋を4つ持っており、第一胃の容量は約200L

・牛の睡眠時間は1日3時間程度で、ずっと食事をして過ごす

──2021年のビックカメラオリジナルカレンダーより抜粋

情報量に圧倒、わが家はトイレに貼ります

こちらのカレンダーは、トイレの壁一面に貼っています。詳細な日本地図、主要路線図、毎月の花・宝石、そして月の満ち欠けなど。情報満載なのでトイレ時間が退屈しません。

今年もビックカメラのビックなカレンダーにお世話になります!

▽ わが家のポスター、こちらもどうぞ

『小学校入学準備ポスターブック』を家中の壁に貼ってみた

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /