小学生の弁当箱はKEYUKA(ケユカ)2段ランチボックス

スポンサーリンク

長女(小2)のお弁当箱を新しく買いました。以前のお弁当箱は、2年前の小学校入学を機に購入したキャラクターもので、主に長期休暇中の学童弁当で使っていました。
まだまだ使えるかなぁと思っていましたが、長女が「2段のお弁当箱が欲しい」「キャラクターじゃないものがいい」と言い始めたので、冬休みに合わせて新しいお弁当箱を買うことにしました。

(新しいお弁当はKEYUKAの2段ランチボックス)

長女が選んだお弁当箱は、KEYUKA(ケユカ)の2段ランチボックスです。パステルカラーの水色が気に入ったのだとか。

使うときは2段ですが、収納する際は1段になり、コンパクトにしまえます。

広げるとこんな感じ。内蓋、外蓋、上容器、下容器の4つに分かれます。

このうち食洗機対応は、上容器と下容器のみでした。蓋は食洗機対応ではないので注意が必要です(わが家が気にせず食洗機で洗っていますが…)。

ついでに箸も新しくしました。こちらも、長女は水色を選びました。

(お弁当づくりは夫が担当)

さっそくお弁当を詰めてみます。主食とおかずが分かれるため、以前のお弁当よりも量が増えました。お弁当箱の容量は570mlで、少食で低学年の子には少し多い気もしますが、高学年くらいまで長く使えたらいいなと思います。

(左が長女、右が私のお弁当)

以前使っていたお弁当箱は、私が使うことにしました。小学校の長期休暇中は、便乗して私の分のお弁当を作ってもらおうと思います(夫に)。お弁当があると、昼休みが楽しみになりますね。

KEYUKA(ケユカ)は、お手頃価格で様々なランチボックスがラインナップされています。今後追加でお弁当箱が必要な場合は、KEYUKA(ケユカ)を真っ先にチェックしたいと思います。

▽ KEYUKAのお弁当箱&箸はこちら

▽ 学童弁当のこと、こちらもどうぞ

はじめての学童弁当づくり

夏の学童弁当作りがはじまった

ランキング参加中です
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

わが家の暮らしが本になりました

スポンサーリンク

\ Share the article /