折りたたみマットレスのシーツは「敷きパッド」が快適でした

スポンサーリンク

子どもと一緒にどうやって寝る?

長女が産まれてから試行錯誤すること2年。ようやく「マットレス生活」に落ち着いたわが家。

関連記事 子供の寝る場所は『アイリスオーヤマ エアリーマットレス』に落ち着きました

現在は、マットレス3枚に大人2人と子ども2人(2歳・4歳)で寝ています。

(写真はベビーベッドが追加されたので一時的に2枚…)

とても気に入っているマットレス生活ですが、実はひとつだけ悩みがありました。

……それは、ピッタリな寝具が見つからないこと!

(ぴちぴちのボックスシーツでは折り畳めない)

ですが、このたび「マットレスのシーツ問題」がやっと解決。

わが家のファイナルアンサーなシーツが見つかりました。

導入から3ヶ月経ち、使い勝手がわかってきましたのでブログでご紹介します。

■「敷きパッド」をマットレスのシーツに使っています

写真が、現在のマットレスと寝具(シーツ)です。

以前は、敷き布団用のボックスシーツを使っていました。

しかし、厚み9cmのマットレスでは、ボックスシーツのなかに無理やり押しこんで装着するといった感じ。

取りつけ作業がプチストレスになっていました。

そこで、シーツの買い替えのタイミングで新たに導入してみたベッド用の「敷きパッド」


送料無料 敷きパッド シングル 100×205cm 東京西川 水洗いキルト 敷パッド 西川 綿100%

これが、思いのほか使いやすかった!

以下、3ヶ月使ってみて感じた「好きなところ」と「微妙なところ」です

■「敷きパッド」の好きなところ

まず、今まで一番ストレスだった「取りつけ」について。

敷きパッドは4隅のゴムバンドで装着するだけなので、取り外しがとてもカンタンです。

子どもがいる生活では、シーツを頻繁に洗濯しています。

やはり「取り外しがカンタン」は。わが家のシーツ選びにとって欠かせないポイントでした。

ただ、取り外しやすいということは、裏を返すとすぐにシーツが外れてしまう?

寝相のわるい子どもたちには不向きかな…

購入するまで心配でした。

しかし、実際に使ってみたところ、寝ている間にシーツがズレることもなく。

また、写真のようにシーツを取りつけたままマットレスを折りたたむこともできました。

(日中は畳んで立てかけています)

■「敷きパッド」の微妙なところ

このシーツは中綿が入った厚手のキルト地です。

ふわっふわなので寝心地は最高なのですが…

厚手の生地は、洗濯すると乾くまで時間がかかる。

前はリネンのシーツを使っており、冬場でもすぐに乾いていました。

しかし、この「敷きパッド」は、冬場の天日干しだとなかなか乾かない。

寝具は「朝洗って夜乾く」の洗濯サイクルで、洗いかえを持たないため、浴室乾燥機をつかって一気に乾かしています。

■ 寝具の定番が決まりスッキリ!

乳幼児育児中のわが家。

じっくりモノを吟味して選んでいる時間がなく、家の備品は定番で固定したいと考えています。

このたび「寝具はコレ!」と定番が決まりスッキリ。

これから悩まずに、買いかえ出来そうです。

▽わが家の定番マットレスはコチラ


アイリスオーヤマ エアリー マットレス ハイグレード 厚み9cm 高反発 三つ折り 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ホワイト HG90-S

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /