子供の寝る場所は『アイリスオーヤマ エアリーマットレス』に落ち着きました

スポンサーリンク

育児中のみなさま、子どもとどのように寝ているのでしょうか?

周囲に聞いてみると

「ダブルベッドにママと子ども(パパは別室)」

「うちの2歳児はベビーベッドに1人で」

「家族みんなで川の字に」

うーん。実にさまざまなスタイルです。

「この方法がベスト!」なんてないのですが・・

わが家は、2年以上もの間「子どもと一緒にどうやって寝るのが一番良いか?」について模索してきました。

そして最近

「いまはこの方法があっているなぁ」に、やっと終着。

今回は、そんなわが家の「子どもの寝室と寝具」についてご紹介します。

子どもの寝室・寝具の遍歴

とその前に、わが家の寝室や寝具の迷走っぷりを振り返りたいと思います。

少しだけお付き合いください。

1.ベビーベッド&ダブルベッド 期(寝室)

「寝室」は遮光カーテンがついた独立部屋、ダブルベッドとベビーベッドを置くともうパンパンな広さです。

子どもが新生児〜8ヶ月はベビーベッドでしたが、しだいに夜間の授乳がつらくなり、

ダブルベッドで添い寝したまま授乳 → そのまま朝まで一緒に就寝

とベビーベッドを使わない日が多くなりました。

2. 布団 期(和室)

子ども生後8ヶ月頃から、だんだんと激しく動きまわるように…

「ダブルベッドから落ちるんじゃ」と、いつもヒヤヒヤして寝た気がしません。

2LDKマンション(現在の住まい)へ引っ越したタイミングで、和室に布団をひいて寝る「川の字スタイル」に変更です。

そのうちに下の子も産まれ、家族みんなで和室に寝ていました。

(赤ちゃんのみベビーベッド、大人2人と上の子(2歳)は布団で川の字)

しかし、この頃から夫婦ともに慢性的な腰の痛みに悩まされます。

また、南向き・遮光カーテンのない和室は朝日とともに明るくなり、赤ちゃんが早朝4時とかに覚醒!と困ったことになってきました。

今どき珍しい?和室は「障子」です。

3. 布団&ダブルベッド 期(寝室)

腰痛が限界、布団ではもうムリ…

寝室を独立部屋に移し、またまたダブルベッド生活に逆戻りします。

ですが

さすがに家族4人でひとつのベッドでは寝れない

しかしこれ以上ベッドを置くスペースはなく…

ベッドの横に無理やりシングル布団を2枚重ねて敷く!

という荒技(見た目はかなり微妙)で数ヶ月やり過ごしました。

エアリーマットレスを導入したい

寝室も寝具も彷徨っていますね。

そう…

2人とも薄々気がついていました。

「わが家にはダブルベッドいらないんじゃ…」

いまの中途半端な大きさのベッドに家族全員で寝ることはできないし、かといって、これ以上大きなベッドを置くスペースもない。

しかし、布団生活は腰がしんどい!

ここでわが家の寝室・寝具の希望をあげると

  • 「寝室」は遮光カーテンのあるフローリング部屋
  • 「寝具」は厚みのあるマットレス

どうしたものかなぁと色々調べていたとき「これは良さそう!」とピンときた就寝スタイルに出会いました。

それは?

「フローリングにマットレス生活!」

使い方を紹介するブログの数々をみると、

「通気性があるのでフローリングに敷けます」

「腰痛が改善されました」

これは… わが家のいまの状況にピッタリかもしれません。

マットレスは、3つ折りでコンパクトに置ける「アイリスオーヤマ エアリーマットレス」が気になります。

マットレス購入前の懸念点とその後

しかし、すぐに購入には至りませんでした。

「部屋にマットレスの収納場所がない」

「毎日の布団の上げ下ろしが大変そう」

が気になって気になって… なかなか「マットレス生活」に踏み切れません。

悩むこと数ヶ月

わが家の「断捨離ブーム」の勢いでベッドを処分し、やっとマットレスを導入しました!

寝室にシングルのマットレス2つを並べています。

使いはじめて5ヶ月

あれほど気にしていた「収納」と「片付け」はその後どうでしょうか?

1. 収納場所

現在はこんな感じで置いています。


日中は部屋の片隅に立てかけて

ぴったりしたボックスシーツをつけているため、3つ折りできてません…

マットレスは壁に立てかけたままです。

特に収納しなくても、いつも視覚に入らなければ、そこまで気になりませんでした。

2. お片づけ

そんなわけで、掛け布団や枕もあわせてマットレスの横に置いています。

(休日などは、上記の写真のように押し入れにしまうこともあります。)

片付けの手間はベッドメイキングと比べてさほど変わりません。

さいごに。子どもの遊び道具「マットレス」

マットレスはネットで購入、使ってみてのわが家の感想もおおむねレビュー通りでした。

良いところ

  • ベッドと比べて省スペース
  • 軽い
  • 丸洗いできる
  • フローリングでも寝心地がいい

イマイチなところ

  • 畳んだマットレスが収納できない
  • 踏むとシャリシャリと音がする

しかし、わが家にとってはほかにも思わぬメリットが…

それは「マットレスが子どもの遊び場になった」ことでした。

子ども達の遊びかたをみていると

  • 山をつくって「トンネル」をごっと
  • コの字に立たせて「秘密基地」ごっこ
  • 床一面のマットレスの上でゴロゴロゴロ〜

毎晩、まるで修学旅行の旅館のような光景が繰り広げられています。

(そして一番楽しんでるのは夫だ!)

オススメできませんが、マットレス滑り台にも(笑)

そんな家族の姿を見ていると「マットレスに変えて良かったなぁ」としみじみ思うのでした。

布団が楽しすぎてなかなか寝ない子ども達。

そのお話はいずれまた〜

▽わが家のマットレスはコチラです


アイリスオーヤマ エアリー マットレス ハイグレード 厚み9cm 高反発 三つ折り 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ホワイト HG90-S

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /