4歳差兄弟(年長・年少・1歳)のオモチャ収納を見直したい

スポンサーリンク

オモチャは、無印良品のスタッキングシェルフに収納しています。

第一子が3歳で導入したこのシェルフは、増設に増設を重ね、3年後のいまは2段✕7列の大容量となりました。最近では、今年5月にシェルフの数を増やしたばかりなのですが、

関連記事 和室に、親子兼用ワークスペースを設置(買物編)

3ヶ月絶たないうちに、収納からモノが溢れてきました。オモチャの増えるスピードに震えます。

関連記事 5歳3歳1歳、子供部屋のモノが増えてきた

「オモチャの収納、何とかせねば……」

重い腰をあげ、現状の問題点に目を向けます。まずはスタッキングシェルフの上。

ズラリと並んだ生き物たちは4歳息子のコレクション。個性的なフィギュアを飾っては、「わー博物館みたい!」と親子で楽しんでいたのですが、さすがにもう棚の上は許容オーバー。

とはいえ、こちらの箱の中もすでにパンパンで、フィギュアを片付けるスペースはありません。

そしてもうひとつ問題は、この「オープン収納」そのもの。これまでわが家は子どもの片づけやすさを優先して、オープンな箱にポイポイとオモチャをしまえる収納の仕組みを採用してきました。

関連記事 5分でリセット。お片付けしやすいオモチャ収納を考える

ですが、ついにやってきました。「1歳がオモチャを取り出してしまう」問題が……。

ベビーゲートは設置しているものの、生活するうえで、1歳がオモチャ箱にアクセスすることを100%防ぐのはむずかしい。今後の誤飲防止のためにも、何か対策を打たなくては。

そこでオモチャ収納の見直し案は、

「蓋付きのボックスを増やし、重ねて収納する」

1歳に触れさせたくないオモチャは蓋付きのボックスにしまい、同時にボックスを重ねることで、シェルフ内での収納量アップを図りたいと思います。

さっそく無印良品に走り、上記に合致する収納ボックスを見つけてきました。というわけで、次回は、オモチャ収納(アフター)をお届けします。

頑張ったので、また見てください。(→続きです)

▽ オモチャ収納のこと、こちらもどうぞ

子供と暮らす部屋づくり|4歳と2歳が思いっきり遊べるリビングへ

▽ わが家の暮らしが本になりました

スポンサーリンク

\ Share the article /