和室に、親子兼用ワークスペースを設置(買物編)

スポンサーリンク


こちらの記事の続きです。

関連記事 在宅勤務、リビング学習用にワークスペースが欲しい

私の在宅勤務がほぼ確実となったため、急遽ワークスペースをつくることにしました。

とはいえ、わが家は50平米2LDKマンションに5人暮らしなので、専有スペースは難しい。来年度小学校にあがる子どもとの、共有ワークスペースの計画をたてました。

設置場所は、リビング隣の「和室」です。

これまで、和室にはモノを置かず、子どもの遊びスペースや、来客時の寝室としてフレキシブルに利用してきましたが、マンション入居5年目にしていよいよテコ入れ。ついに大物家具を搬入することに。

今回は、ワークスペース用に新たに導入した家具について書きたいと思います。

1|コルクのジョイントマット

畳にコルクマットを敷きつめました。リビングに敷いているジョイントマットと同じモノです。

関連記事 ラグのかわりにコルクマットを使っています。好きなポイント3つ

リビングと和室の床面を統一したことで、一続きのリビングスペースになりました。家具が増え、空間は狭くなったはずなのに、とても広く感じます。

マットはこちらをリピート購入。


高品質 天然コルクマット

2|無印良品 スタッキングシェルフ

無印良品のスタッキングシェルフは、テレビ台・飾り棚・本棚・オモチャ収納と、4役を担うわが家のメイン家具です。これを、リビングから和室に移動。さらに追加パーツで収納スペースを増やしました。

子どもの成長に合わせての、シェルフ増設・配置換えは今回で3回目です。5歳3歳は積極的に、邪魔…お手伝いしてくれました。ふたりとも成長したなぁ。

追加パーツはこちらの2段×2個、購入しました。

スタッキングシェルフ用の追加棚です。基本セットに追加して、サイズを大きくすることもできます。
3|無印良品 折りたたみテーブル

前々から気になっていた、無印良品の折りたたみテーブル

もともとは「ダイニングテーブルにどうかな?」と目星をつけていたテーブルですが、用途を変更して作業机として購入しました。

天板サイズは120×70を選びました。普段食事につかっているローテーブルより広いです。子どもと並んで(もしくは対角線で座って)作業できます。

折りたたみできるダイニングテーブルです。折りたたみできるので、省スペースに収納することができます。ダイニングだけでなく、ワークスペース等使うシーンを選びません。
4|オフィスチェア

実は私、家具のなかでも「椅子」と「間接照明」が特に好きで、インテリア雑誌のスクショを集めたり、ピンタレストでボードをつくったりしているのですが……。今回、椅子を買うにあたって思ったことは、「好きが強いと、なかなか選べない!!」ということ。

これ好き!欲しい!!が溢れて、数万円の椅子(予算オーバー)や、受注生産で納期半年後(用途を見失っている)を本気で買おうとしたり。完全に迷走していました。

ですが、椅子なし在宅勤務を数日行い、はっと我に返ります。

「すぐ届くオフィスチェアを買わねば……!」

Amazonでざっとみて、安かったこちらの椅子を即買い。組み立て式のシンプルなオフィスチェアです。


オフィスコム オフィスチェア パソコンチェア

(※私が購入時は2日ほどで届きましたが、今は数日かかるっぽいです)

さいごに

今回は購入したものを列挙しました。これから実際に使用して、気がついたことがあれば、またブログに書きたいと思います。

ワークスペース設置後、子どもたち(5歳3歳)の遊び方に少し変化がでてきました。最近は、ふたり並んでで机に向かい、レゴ・粘土・ハサミを使った工作に勤しんでいます。

(ハサミの使い方を覚えた3歳)

インテリア(環境)を変えると、必然的に行動も変わってきますね。次回は、新しく導入したワークスペースが、わが家にもたらした変化について書いてみたいと思っています。

それでは、また。

▽ 2年前の模様替えの様子、こちらもどうぞ

子供と暮らす部屋づくり|4歳2歳が思いっきり遊べるリビングへ

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /