絵本のこぐま社から届いた3年目のバースデーカード

スポンサーリンク

先日、絵本「こぐまちゃんシリーズ」で有名なこぐま社から娘あてにバースデーカードが届きました。

1歳の誕生日から頂いているこのカード、今年で3枚目。

そういえばどうやって申し込んだんだっけ?

すっかり忘れてしまったのでもう一度調べてみました。

「こぐま社のバースデーカード」は、こぐま社の絵本を買って、その中に入っている読書カードを送ると、毎年誕生日にこぐま社からバースデーカードが届くサービス

実は、このサービスはこぐま社のホームページには明記されていません

コチラのサイトより引用しました

おお!

確かに、むすめが産まれた時に購入した「しろくまちゃんのほっとけーき」に読書カードが入っていたような…

あの頃の私ナイス!

ちゃっかり「こぐま社のバースデーカード」を申し込んでいたようです。

「バースデーカード」3歳児の反応は?

「お誕生日カードが届いたよ」と娘にカードを渡したところ

「えー!しろやぎさん届けてくれたの?」

「かわいい、うれしいな〜〜♪」

と満面の笑み。

自分宛のハガキの事ちゃんと理解できているんですね。

むすめが喜ぶ姿をみていると私まで一緒に嬉しくなりました。

* * *

むかし「人間の赤ちゃんは全員未熟児で産まれてくる」という話を聞きました。

たしか

「二足歩行となったことで産道が狭くなり、赤ちゃんの頭がとても小さいうちに産まないといけなくなった」

「そのため、ほかの動物と比べると人間の赤ちゃんは超未熟児」

「だから、歩けるまで1年かかるし、脳が発達する過程でイヤイヤ期もある…」

といった内容だったとおもいます。

(ネットで元を探してみたのですが見つからず…。見当違いでしたらすみません)

少し前まで、イヤイヤばかりの2歳児と毎日接していたためか、この「超未熟児バナシ」をよく思い出していました。

「ご飯イヤー!食べないもーん!」

(と、ご飯ひっくり返す)

「そっか〜、動物だったらまだ産まれてないもんね。動物にイヤイヤ期あったらご飯食べれなくて死んじゃうね〜」(遠い目)

コチラは2歳の時のバースデーカード

そしてバースデーカードも届き、3歳になった長女

もしかして「魔の2歳児」はもう終わりなのでしょうか!?

去年まではカードを渡しても「ふーん、何それおいしいの?」な反応だったことを思い出して

「そろそろ、動物でも産まれてくる歳になったのかな?」

と人類の進化に想いを馳せるのでした。

下の子はもうすぐ1歳の誕生日をむかえます。

今週は急いでこぐま社さんの絵本を買いに行かねば!息子にもバースデーカードが届けばいいな〜

追記

誕生日当日にバースデーカードが届きました。

2週間前に読書カードを送ったばかりなので「今年は間に合わないだろうな…」と思っていましたが、キチンと届けていただきとっても嬉しかったです!

こぐま社さん

本当にありがとうございました〜

これから10歳の誕生日まで届くこのカード、子ども達と一緒に毎年楽しみにしています。

▽息子の絵本はわたしが子どもの頃に読んで大好きだった「11匹の猫」を選びました

11ぴきのねこ

▽長女4歳・長男2歳のバースディカードはコチラ

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /