2021年のこどもの日

スポンサーリンク

お出かけなしの今年のゴールデンウィーク。いつもの休日と何ら変わらない休暇でしたが、最終日のこどもの日はほんの少し行事を意識して過ごしました。

子どもの絵を鯉のぼりにアレンジ

連休序盤に6歳と4歳が絵の具で絵を描きました。

ふだんはしばらく壁に貼って鑑賞する絵ですが、今回は趣向を変え「鯉のぼり」アレンジで飾ることに。子どもたちに、「この絵で鯉のぼりをつくってもいい?」と聞くと「いいよー」と快諾してくれたので、4枚の絵を貼り合わせて鯉のぼりに見立てました。迫力満点でいい出来栄え……。

と、思ったのは私の自己満足で、当の4歳息子は不機嫌に。なんと自分の描いた絵を鯉のぼりの尻尾に切ってしまったのがイヤだったとのこと。

ややややってしまった!

ごめんごめんと平謝りする私に、息子は何とか柏餅で手を打ってくれました。これから子ども絵をアレンジするときはしっかりめに確認しようと思います。反省。

息子の機嫌が直ったところで、記念撮影です。末っ子2歳はうろちょろしたいお年頃。なかなか3人揃うの写真が難しくなってきました。

こどもの日の食卓風景

ゴールデンウィーク最終日。24時間×5日間をパワフルな子どもたちと過ごした親のエネルギー残量たるや、すでにエンプティ。料理する気力は残っていません。

お昼ご飯は買いだめしていた冷食を全部だし。ピザ・お好み焼き・たこ焼き(すべてセブンセブンイレブンPB商品)をどーんと並べると、子どもたちは大喜び。そりゃそうだ。大好物ばかりだもんね。こどもの日ということで、本日はとくべつです。

公園に出かけたついでに柏餅を買いました。ショーケースに残り数個となった柏餅。売り切れちゃうかな〜とドキドキして和菓子屋さんの列に並ぶと、「いま奥で柏餅つくっているからね!」と店員さん。ほかほかの柏餅を包んでくれました。爽やかな柏の葉が良い香り。

けれども、6歳娘はちょっと苦手だったようで……。柏餅を目の前にずーんと落ち込でしまいました。

結局どら焼きををむすっとしたままパクリ。2歳と4歳は競うように柏餅を食べていました。柏餅とどら焼き、どちらも美味しいよね。

夕飯はパック寿司。ひとりづつ皿に盛り付けると「わーい!お寿司だ!」と、子どもたち歓声が響きます。こどもの日の写真を振り返ると、怒ったり泣いたり笑ったり。子どもたちのくるくる変わる表情に一喜一憂、忙しい一日でした。

▽ こどもと行事、こちらもどうぞ

平日のひな祭りパーティー

2021年のお正月

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /