絵本棚を楽天ROOMで再現

スポンサーリンク

10年以上前の話ですが、読んだ本をパソコンで記録していた時期がありました。好きな本の表紙が画面上にずらりと並ぶのを眺めるのは楽しいです。

最近、この趣味をやんわり復活させました。楽天が運営するショッピングSNSの「ROOM」を、子どもたちがよく読んだ絵本の記録にも使い始めたのです。「myROOM」に、わが家にある絵本をどんどん投稿して「コレクション」でまとめると、まるで「デジタル本棚」のようになりました。こんな感じです。

リアル本棚と違い、表紙が一望できるのがうれしい。つい、ニヤニヤ眺めてしまいます。ROOMでは、投稿した商品に感想を書くこともできるので、絵本にまつわる思い出も、次のような感じで添えています。

・旅の絵本

文字はないのに、ストーリーがある絵本。ページをめくるたびに「旅人さんはどこにいるんだろう」と子どもと一緒に探しました。安野光雅さんの素敵な絵とともに、ゆったり海外旅行している気分にひたれます。少しずつシリーズを集めているところです。

・図解絵本 東京スカイツリー

図解絵本シリーズが好きです。こちらの本はスカイツリーが建設過程が順を追って書かれています。生まれた頃からスカイツリーが当たり前のようにあった子どもたちに、「ママやパパはスカイツリーができるところをいつも眺めていたんだよー」と教えると不思議そうな顔をしてました。

わが家の絵本棚には「あれほど読んだのに、まったく読まなくなったなぁ」という絵本が増えてきました。すこしさびしいです。ROOMで絵本棚を再現して、思い出の絵本の余韻にひたるこの頃です。

▽ よく読んだ絵本について、ぎゅってブログでも書きました。

わが家の絵本のなかで、とくに子どもが好きだった「1001のさがしもの」シリーズ。「ウォーリーをさがせ!」や「ミッケ!」と同じく、見開きページの絵から特定のものを見つけだす絵本です。難易度がちょうどよか…

▽ わが家の暮らしが本になりました

スポンサーリンク

\ Share the article /