スライサーを変えたら、野菜カットの作業効率があがった

スポンサーリンク

しばらく前にスライサーを買い替えたところ、作業効率がぐんとあがりました。新しく買ったスライサーは「愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ」です。

このスライサー、少し斜めになっており、底に滑り止めがついています。おかげで、軽い力をかけなくともすいすいとカットができました。変に力が入らないので安全です(当たり前ですが、付属プロテクターは必須)。

わが家では毎週人参を1〜2本スライスしています。写真は1本分の分量。スライス作業のかかる時間はいつも5分以内です。

スライスした人参はジップロックに入れて冷凍保存。味噌汁や野菜スープに毎回入れて消費します。

関連記事 味噌汁用に冷凍野菜をストック中

使い勝手のよい道具を揃えることは、料理時間の短縮につながることをひしひしと実感しています。これまで何となくで選んできたキッチン用品ですが、徐々に使いやすいモノへと入れ替えていきたいと思っています。

▽ わが家のスライサーはこちら


愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

▽ キッチンツール、こちらもどうぞ

蕎麦猪口(そばちょこ)が便利という話

5人家族の箸、レンゲ、カトラリーすべて

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /