ホットクックのある生活|在宅勤務の合間に甘酒をつくる幸せ

スポンサーリンク


育休中、甘酒づくりにハマっていた。

甘酒は、ごはんと米麹を混ぜ、発酵させてつくる。具体的には、55℃~60℃の温度を約半日キープすると出来上がる。

なので「甘酒づくり」は終日家にこもり、発酵途中に60℃超えないよう(超えると麹菌が死んじゃう)、温度をはかり、かき混ぜ、冷やし温め、また温度をはかる。「あまーくなぁれ」と、ジャー(ちなみに炊飯器でつくっていた)のなかの乳白色の液体を見守った。

赤ちゃんと二人っきりの日中は、そんな甘酒のお世話がささやかな癒しでもあった。

外出自粛の日々が続いている。

在宅勤務になり1ヶ月たった。こんなにも長く家にいるのは育休以来のこと。ふと、甘酒づくりを思い出す。復職後は生活を回すことにいっぱいいっぱいで、一度もつくっていなかった。

「そうだ。甘酒をつくろう」

ホットクックのレシピブックをめくる。最近は、「これ、ホットクックでつくれるかな?」と調べるくせがついた。

甘酒…あった……!!

さっそく、スーパーマーケットで米麹を買い、在宅勤務の休憩中に甘酒を仕込む。といっても、材料をホットクックの内鍋にいれ、スイッチをオンするだけ。片手間でコーヒーを淹れているうちに終わってしまった。

炊飯器と違い、ホットクックは自動で適温管理してくれる。あとは6時間ほったらかし。気兼ねなく仕事に没頭する。

できたー!

定時ジャストにホットクックの蓋をあけると、とろりとした甘酒が出来上がっていた。

夕方はまだ肌寒い5月初旬、お湯割りでひとくち飲む。懐かしい甘みが広がり、娘や息子が赤ちゃんだった頃を思い出す。

ふう、とひと息ついてパソコンを閉じた。

在宅勤務だと、仕事と家庭の切り替えが難しく、定時すぎもずるずるパソコンに向かってしまっていたけれど(その逆も然り)、今日は甘酒のおかげですんなりお家モードに切り替わったみたい。

さささ、あとは子どもたちと遊ぼう。

甘酒のレシピメモ

① ごはん150g(お茶碗1杯)、米麹100g(塊はほぐす)、水200㏄を準備

② 材料すべてをホットクック内鍋に入れ、混ぜ合わせる

③ 「甘酒」モードをスタート

④ 6時間後に出来上がり

甘酒をプレーンヨーグルトに混ぜて食べるのが、最近のお気に入りです。

▽ わが家のホットクックは、こちら(2.4Lタイプ)


シャープ KN-HW24E-W 水なし自動調理鍋 「ヘルシオ ホットクック」(2.4L) ホワイト系

▽ ホットクック調理、こちらもどうぞ

ホットクックと3食自炊の日記

お知らせ|ホットクックのある生活をブログに書きます

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /