おこもり生活が続くので、リビングを模様替えしました

スポンサーリンク

1年半ぶりにリビングを模様替えしたところ、部屋が広く感じるようになりました。ついに、この家のポテンシャルを最大限引き出してしまったかも……!

前回、2018年12月の模様替え から、

(リビング Before)

今回、こうなりました。

(リビング After)

広い!!

ちなみに処分した家具はなく、壁一面のシェルフは和室(写真後ろ)へ移しました。

模様替えのキッカケは、新型コロナウイルスによる生活の変化です。

外出自粛中の今、わが家では未就学児3人が一日中自宅で遊び、私はその隣で仕事をしています。一時的とはいえ、この状況がいつまで続くか分かりません。

寧ろ、在宅勤務×自宅保育にあわせて部屋を変えた方が得策?と、急ピッチで模様替えしたのが、4月のこと。都内に緊急事態宣言が出された直後でした。

和室の模様替えは、これまで3回書きましたので(→)、今回はリビングの変化を書きたいと思います。

1|テレビ視聴スペースは小さく

まず、これ。

テレビ位置を壁から45度傾けました。

これより、カウンター側(写真右)を背にしてもテレビ視聴が可能になりました(首振りタイプのテレビなので、画面が窓側水平まで回ります)。

そこでソファーは、カウンター下へと移動。

1.5人掛けの小さなソファと、32インチのコンパクトなテレビで、リビング片隅にこんじんまりした動画視聴スペースができました。

テレビはほぼ子ども専用機なので、このくらい控えめでちょうど良いかなぁ。。

2|和室とリビングがつながった

つぎに、これ。

和室とリビングがワンルームの広い部屋になりました。

これまで和室は、ソファ背面に位置したため視界に入らず存在感ゼロな部屋でした。しかしソファがなくなった今、和室も完全にリビングの一部に。

床はコルクマットで統一しているので、襖をあけると広いワンルームにみえます。

模様替え以降は、和室で過ごす時間がぐんと長くなりました。

3|5人家族が、集中から分散へ

今回の模様替えは、机、椅子、棚、テレビ台(写真は未着)と、買い足した大物家具が多いですが、不思議と今までより部屋が広く感じます。

その理由は、先に挙げた ①テレビ視聴スペースを小さくし、②和室への動線をつくった、が大きいです。もう少し詳しく書くと、リビング+和室を、「テレビ」「広場」「仕事」の三つのエリア分けたことで、5人家族が集中から分散するようになりました。

たとえば、「テレビエリア」では5歳3歳が『ドラえもん』を視聴、「広場エリア」では夫と1歳がストレッチとハイハイ、「仕事エリア」では私が在宅勤務、といった具合。部屋が「密」じゃなくなった!

さいごに|外出自粛のリビングは…

外出自粛がはじまった2ヶ月前は、「5人が一日過ごすには、この部屋では狭すぎる……!!」と不安でした。

しかし最近では、おこもり生活にもなんとか順応し、生活が回るようになりました。この状況が、「大変じゃない」とは言えませんが、お家環境を整えたおかげで、家族のストレスは少し軽減できたかなぁ。

とくに、広々スペースは変化自在で、

写真は、夜のキャンプごっこをして遊ぶ子どもたち。「今日は!テントのなかで寝る!!」とのことです。楽しそうー(白目)。

ちなみに、日に数回はリビング中がオモチャで埋まりますが、今回は写真自粛で。

おこもり生活で、他にもお家環境をマイナーチェンジしました。これから、ボチボチ記事にしたいなー

▽ 過去の模様替え、こちらもどうぞ

子供と暮らす部屋づくり|4歳と2歳が思いっきり遊べるリビングへ

スポンサーリンク

\ Share the article /