無印良品「つながる絵本」で絵本を交換

スポンサーリンク

無印良品では「つながる絵本」という取り組みをしています。限定店舗のみですが、絵本を3冊持っていくと、集まった絵本のなかから2冊貰えるサービスです。 タイムラインに流れてきたツイートで知り、とても良いなぁと思いました。

無印良品では、大切に読んできた絵本を次のこどもたちが同じように大切に読む『つながり』を育てていきたいと考えており、「つながる絵本」の取り組みを限定店舗で行っています。3冊の絵本を寄贈いただくことで2冊お持ち帰りいただけます。地域のこどもたちに向けてみんなでつなぎ、育てる絵本図書館を、無印良品 銀座でもはじめました。 <
銀座店の「つながる絵本」

小学生から3歳まで、3人の子どもがいるわが家の絵本棚はいつもパンパンです。ざっと数えてみたら子どもの本はすでに100冊以上。当然読んでいない絵本も多く、一部は思い出に残しておくつもりですが、そろそろ絵本を手放すことを考え始めたタイミングで「つながる絵本」を知りました。

さっそく、このサービスを行っている銀座店に絵本3冊を持っていくことに。「あちらのコーナーから2冊選んでください」と案内された絵本棚を見ると、地域柄なのか洋書などもあり迷ってしまいました。

低月齢向けの絵本が充実

絵本のラインナップは赤ちゃん~低月齢向けが充実していました。「もう読まないかな」と寄贈する絵本なので、低月齢向けの本が多いのは納得です。
有名どころでいえば、私が訪問したときは「しましまぐるぐる」や「いないいないばあ」が数冊も置いてありました。

幼児向けだと「世界名作アニメ絵本」なども。わが家もこのシリーズの絵本で、子どもたちに童話を読み聞かせしていました。

3冊→2冊に交換がちょうどいい

今回手放した本3冊。誰かの手に渡るといいなぁ

今回は、二男が好きな「しかけ絵本」を2冊持ち帰りました。ハードカバーは小さい子でも頁がめくりやすい。二男は新しい絵本に夢中でした。

3冊置いて2冊もらう「つながる絵本」は、もう読まなくなった絵本を少しずつ減らしながら、気に入った本に入れ替えることができるサービスです。これからも「つながる絵本」を利用して、わが家の絵本を循環させていきたいなと思います。

▽ 絵本の収納方法について、ぎゅってWebで書きました。

絵本は子どもが取り出しやすいところに並べています。すべて引っ張り出されて散らかることもありますが、絵本に親しんでほしいので手の届かないところにはしまいません。そのかわり、絵本をラクに、すっきり片づける…

\ ランキング参加中 /

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

\ わが家の暮らしが本になりました /

スポンサーリンク

\ Share the article /