在宅勤務×自宅保育と最近のこと

スポンサーリンク

政府から発令された緊急事態宣言を受けて、家族全員ひきこもり生活をしています。

3月後半から4月頭までは、「外出自粛とはいえ、保育園や会社はどうしよう……」と葛藤しながら日常生活を送っていたので、緊急事態宣言で「保育園は休む」「私も100%在宅勤務に切り替える(週1~2で出社してました)」と決心つき、スッキリしました。

自宅保育×在宅勤務と生活がガラリと変わったため、ブログに書きたいことも溜まってきましたが、なかなか書く時間がとれません。そこで今回は、最近の出来事を箇条書きでメモしておきます。

1.末っ子が保育園入園と慣らし保育

4月1日に末っ子(1歳2ヶ月)が保育園に入園しました。

大変な状況下で1歳児を通わせてよいものかと悩みつつ、4月2週目から登園させていました。しかしそれも3日間で一時中断。慣らし保育はほぼ進みませんでした。

それでも、息子は保育園の3日間×2時間ずっとご機嫌だったと聞き(夫&担任の先生談)、まずはひと安心です。

2.3歳半の息子のトイレトレが前進

トイレで大も小もできるけれど、出来ればオムツで済ませちゃいたい(ようにみえる)3歳半の息子。

「オムツはもう履きたくない!」と言うまで待つものの(わが家は長女がこのパターンだった)、一向にとれる気配はありません。

息子の場合は、しつこくトイレに誘わないとダメかもと思いなおし、やっとトイレトレをはじめました。

すると1日目からすんなりトイレ成功。終日パンツでいけました。やれば出来るんじゃん!

3.急ピッチで在宅環境を整えました

前回ブログでも書いた、計画中のワークスペースがついに完成しました。とても快適です。

詳細はまた記事に書きたいです(でも時間が…以下略)。

4.ホットクックを購入

子どもたちが保育園に行かなくなり、一番の困ったのは「食事」でした。

これまでは「保育園でニガテな野菜も頑張って食べているし、家では多少残してもいいかー!」と思っていましたが、これから1ヶ月(以上?)もの間、バランスよい食事を提供して、しかもそれを食べてもらう、を考えると震えます。いかに、栄養バランスは保育園頼みだったんだなぁと猛省中、、

タイミングよくホットクックが届いたので、食事づくりを自動化して、三食自炊生活を乗り切りたいです。

5.在宅勤務×自宅保育を記事に書きました

noteで、在宅勤務×自宅保育の一日を書いたところ、思いがけず多くの方に読んでいただけました。ブログにもリンクを貼っておきますので、良かったら是非。

例ののっぴきならない事情のため、勤め先にも在宅勤務の波が押し寄せてきた。急ピッチでリモート環境を整え、オフィスで働く社員ほとんどが在宅勤務(もしくは自宅待機)へ切り替えたのが4月頭のこと。2020年4月7日に発令された「緊急事態宣言」直前のタイミングだった。 わが家が暮らす2LDKマンションは、完全なる子ども仕様で

これから、私や夫の働き方から子どもの学び方まで、大きく変わってしまうのか……と思うと無性に不安になりますが、今は家族全員が、「よく寝る」「ご飯を美味しく食べる」「たくさん笑う」を意識して、それなりに楽しく過ごしている所存です。

大変だけど親子べったりなこの日々が、何れよい思い出となる時がくると信じて、頑張ります。

それではまた。オンラインで!

▽お家の記事、こちらもどうぞ

5分でリセット。お片付けしやすいオモチャ収納を考える

スポンサーリンク

\ Share the article /