幼児と過ごすクリスマス|2018年のパーティー料理とプレゼント

スポンサーリンク

ちょうど1年前のクリスマス時期に、「わが家の簡単パーティー料理まとめ|誕生日やクリスマスにも」という記事を書きました。

そして今年。

「クリスマスどうする?」となったとき、ブログでつづった「家族の記録」をフムフムと読み返してみることに。

おかげで、さほど悩まずサクッと準備を進めるとこができました。

そんなわけで、味をしめて今年も「2018年のクリスマスの備忘録」をつづろうと思います。

4歳・2歳の子どもたち、去年よりも季節のイベントを楽しむようになったな…

そう感じた今年のクリスマスでした。

(ちなみに休みの関係上、わが家は23日夜にパーティー&サンタさんに来てもらいました)

子どもと一緒にケーキを作ってみた

「ケーキが作りたい!!」

夜は家族でクリスマスパーティーというその日の朝、4歳長女が突然言いだしました。

「ちょっと待って。ケーキは買うつもりしてたんだけど」

とは言えず、「そうか~作りたいか~~」と焦る私。

最近、保育園の食育などで料理をする機会もふえ、お手伝いにも興味が出てきた娘。ケーキ作りがしたいという望みは叶えてあげたい。

ただ、困ったことに私はお菓子作り全般にダメ。

言い訳すると、子どもを産むまで一切の甘いものが苦手。

(今は好きです)

「うーーん…。じゃあ『ホットケーキ』作ってみる?」と、苦肉の提案を娘にしてみます。

「うん!!!サンタさん寒いところからくるから、ちょうどいいね」

・・・助かった。

そんなわけで、果物や生クリーム、メープルシロップなども準備して、昼間は家族みんなでホットケーキづくりをしました。

4歳児がやったことは、生クリームづくりとホットケーキミックスを混ぜること。

2歳児は果物の味見(笑)

それぞれ、ホットケーキ1枚づつを子どもたちにをトッピングしてもらい、そのまま3時のおやつにしました。

また、ザ・器用貧乏な夫は「ホットケーキ1枚冷やしておこう。あとでショートケーキ作るから」と。

出来上がりはコチラ。

スポンジが焼けなくても大丈夫(笑)

ホットケーキで、ショートケーキのホールが完成です。

断面はこんな感じ。

缶詰の桜桃とスライスしたリンゴ煮をなかに挟みました。

肝心な味は…「ちゃんと、ショートケーキ!」

すごいよ、夫。

コツは、ちょっと良さげなホットケーキミックスを使うことです(笑)

(『高級ホテルのホットケーキ』という宣伝文句につられて買ったホットケーキミックス、ふわっふわに焼けてとても美味しかった)

2018年のクリスマス料理

次は、クリスマスの日のパーティー料理。

3連休のなか日とはいえ、がっつり料理をする体力が残っていない私。

今年も相変わらず、作りやすい料理ばかりを準備しました。

View this post on Instagram

ヨリさん(@yori.mi.chi)がシェアした投稿

2018年のメニューは

  • 海鮮ピラフ
  • ケンタッキーのフライドチキン
  • 山盛りのサラダ
  • 夫が作ったケーキ

海鮮ピラフは素を買ってきて炊飯器で炊くだけ。

サラダは、グリルかぼちゃ・アボカド・ミニトマトなど、子どもが食べやすい野菜をオリーブオイルと塩であえただけ。

4歳児と2歳児のクリスマスプレゼント

ビーズを並べて、水で固めるという「アクアビーズ」。

4歳長女がリクエストしてきたときは「なんだそれ?」だったんですが、調べてみると細かな作業に興味がでてくる今の月齢にピッタリなオモチャ。

朝から机にむかい、集中して朝からアクアビーズづくりに取り組んでいました。

▽アナ雪がとにかく好きな娘はコチラをリクエスト

アクアビーズ アナと雪の女王セット

一方、2歳長男のプレゼントは「大きいトラック」

はたらく車ズキなので、こちらも喜んで遊んでいました。

毎年、月齢にあったプレゼント選びには頭を悩ませますが、1ヶ月前から「何がいいかな~」とワクワクしている子どもの姿はとてもかわいいですね!

* * *

ほかには、クリスマス前に図書館でサンタさんの絵本を借りてきてよんだり。

今年からツリーを飾ってみたり。

関連記事 クリスマスツリーは「いる?」「いらない?」談義

子どもの成長とともに、家族で過ごすクリスマスにも変化を感じた今年の12月でした。

さて、1週間後には年末年始の休暇です。

今年は、私が妊娠後期のため自宅で過ごすのですが…なんと義理実家もわが家に合流することに。

どんな賑やかなお正月になるか、今からソワソワしています。

次は「お正月レポ」、気が向けば書きたいなぁ。

それでは、また!

▽普通の日本のお家で起こる、斬新なクリスマスストーリー。面白かった絵本です!


クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本シリーズ)

ランキング

▽ランキングに参加中です

にほんブログ村

スポンサーリンク

\ Share the article /

コメント

  1. やま より:

    ダンナ様、器用ですね!
    私もヨリさんと同じでお菓子作り、
    一切しないので、ホットケーキ
    →ケーキに変身させるあたりから
    始めてみたいと思いました。
    我が家のクリスマスは子ども発熱
    により、縮小版でした。
    でも、プレゼントにはすごく喜んで
    くれたのでよかったです。
    親っぽいことしてるなぁとしみじみ
    思いました。

    • ヨリ より:

      息子さん発熱とは(泣)
      それはやまさんも息子さんも大変でしたね。
      そんななかでも、ご家族でのクリスマスを楽しめたようで良かったです。

      「親っぽいことしてるな」っていう感覚、すごく分かります!
      私も「なぜケーキ作り…」と思いつつも、ちゃんと作っちゃうあたりが親っぽくなったなぁと自画自賛してました(笑)