【超簡単!離乳食完了期〜幼児食まとめ】ランチやワンオペ時に最適です

スポンサーリンク

以前、こちらの「【頑張らない離乳食】完了期は取り分けと少しの常備菜で!」で離乳食の完了期の食事についてまとめました。

この頃、むすこ1歳2ヶ月。

まだまだ大人から100%取り分けとはいかず、子どもは別にご飯の準備をしていました。

その後、離乳食がどんどん進み…

1歳4ヶ月頃から、ほぼ「幼児食」になりました!

(子どもが1歳4ヶ月頃の食事内容は「【ワンオペ育児はまだ続く】朝から晩まで徹底レポート(後半戦)」で少し書いています。ご参考まで)

1歳児の食事は、味付けや食材に少し気をつかいますが、大人と同じ内容になり、毎日の食事づくりがグッと楽になりました。

今回はそんな「離乳食まとめ」の第3弾

離乳食完了期〜幼児食の食事についてまとめます。

わが家のお手軽な昼食ワンオペ時の夕食ばかりを集めました。

「なんとか子どもだけでも食べさせなきゃ!」

といった日のメニューのヒントになれば嬉しいです。

ご紹介する食事内容はだいたい1歳4ヶ月頃からのものです。

(ちなみに上の子3歳も同じ食事内容)

離乳食の進み具合は個人差がありますので、「1歳半前後からの食事内容」の事例のひとつとして捉えていただけると幸いです。

【簡単・子どもご飯 ①】鶏そぼろ丼

大人1人で子ども2人の食事の世話をする(←「ワンオペ」ですね!)時は、子どもが一人でパクパク食べる大好きなご飯をつくります。

この「鶏そぼろご飯」はとても食べが良いので、わが家のワンオペ食事の強い味方です。

事前に2色のそぼろは準備しておき、食べる直前は盛り付けだけ

参考にしたのは「クックパッド」のこちらのレシピです。

つくれぽ1,000人!感謝♪ 家族みんなが大好きなそぼろ。。。 卵そぼろと合わせて“二色そぼろ”にすることもあります^^

【簡単・子どもご飯 ②】麻婆豆腐丼

以前、「【子供が喜ぶ保育園レシピ集】辛くない麻婆豆腐」でご紹介した麻婆豆腐です。

豚ひき肉とたっぷり野菜が入っているので、これを完食してくれるだけで栄養バランスがOK!

ほんと助かります。

麻婆豆腐は朝のうちにつくり、フライパンごと冷蔵庫で保管します。

実は、野菜をみじん切りにするとき「あ〜、面倒だなぁ」と思ったりするのですが、麻婆豆腐はとにかく子どもが喜ぶので、ちょっと頑張っています。

(といっても調理時間15分もあれば完成する「簡単レシピ」です!)

【簡単・子どもご飯 ③】カレーライス

カレーライスは、1歳むすこの平日ランチ定番メニュー。

わたしは幼児食カレーをレンチンで作ります。

この超・簡単な方法は、1日3食の食事づくりに奮闘中の専業主婦の友人がこっそり教えてくれました。

(それにしても小学校の給食まで続く「子どもの昼食づくり」…、専業主婦の簡単ご飯の知恵や工夫ってすごい!いつも参考になる話が満載です)

準備するものはこちらの写真に写っている2つのみ

保存容器は「野菜の出汁煮」が入っています。

今回は味噌汁用に作り置きしていたものから少量取り分けました。

そこにサラダチキンも加え、レンジで加熱します。

熱々になったスープに「粉末のカレーの王子様」を加えて混ぜ混ぜ。

とろみがつけば出来上がりです。

水の分量は、粉末カレーに記載されている分量よりすこし少なめの方が、とろみの調整がしやすく失敗しないです。

(水が多いとシャバシャバになる…)

【簡単・子どもご飯 ④】親子丼

すみません!

「親子丼」の写真を撮り忘れました。

わが家は、鶏モモ肉が余った時、スライスした玉ねぎと調味料で煮付けておきます。

この「親子丼のタネ」をジップロックにいれて冷凍しておくと、すぐに親子丼ができてとても便利です。

親子丼の作りかたは「大さじってキチンと量る?無印良品のお玉で簡単調理しています」でも書きましたが、「白ごはん.comのレシピ」を参考にしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

手抜きすぎて引かれているかもなぁとドキドキの公開です…

やはり集めてみると「丼もの」「1品もの」が多いですね。

ほかにも

  • ツナ缶の炊き込みご飯+味噌汁
  • シラスご飯+味噌汁
  • チャーハン or ピラフ

あたりをゆるゆると作っています。

これらの「簡単・手抜きの子どもご飯レパートリー」をいくつか考えておくことで

「今日どうしても作るのしんどい!」

という日の食事づくりを、これからも乗り切っていこうと思っています。

ランキング

▽ランキングに参加中です

にほんブログ村

スポンサーリンク

\ Share the article /