【赤ちゃん・子供と沖縄本島3泊4日旅】写真で一気に振り返る(後編)

スポンサーリンク

上は60代、下は0歳児、総勢10名の沖縄旅行記。みんなが満足する旅となったのでしょうか? 前回の続きです。

関連記事 【赤ちゃん・子供と沖縄本島3泊4日旅】写真で一気に振り返る(前編)

【3日目】恩納村から那覇に移動

ルネッサンスリゾートオキナワ最終日の朝。チェックアウトが11時なので、朝はゆっくり過ごしました。

仕事やプライベートで色んなホテルに泊まりましたが、一番の楽しみは朝食ビュッフェだったりします。

そして、ルネッサンスリゾートオキナワの朝食、とっても良かったです!

ゴーヤチャンプルーなどの定番沖縄料理はもちろん、地元野菜のバーニャカウダもあり、沖縄ローカルフードを色々と試すことができました。何種類もあるディップソースが美味しかったです。

カメさんのメロンパン、スマイルマークのクリームパン・・

パン好きの子ども達はここぞとばかりにたくさん食べていました。

また、離乳食・幼児食用の刻み野菜やおかゆ、薄味の肉うどんなどがあり、旅行中に偏りがちな子どもの食事の栄養バランスは、こちらの朝食で補っていました。

1階のレストランからは、プライベートビーチや遊具が望めます。食事を終えた子ども達は遊びたくてソワソワ。パパ達が連れ出してくれました。おかげて女性陣はまったりコーヒータイム。

こんなゆっくりな時間の過ごし方、本当に久しぶり・・

旅行に来ると、移動や慣れない環境で大変だなと思うこともありますが(もちろん金銭面でも)、日常の家事や育児負担からも解放されて、やっぱり癒されます。

そんなこんなで、あっという間にチェックアウト。観光を楽しみにしていたジジババとはここで一旦お別れ。わが家は、同じく2人子連れの義理妹一家と一緒に行動します。

『ルネッサンスリゾートオキナワ』にはアクティビティのオプションが色々あり、宿泊時に貰った『チャレンジクーポン』で参加可能です。これはチェックアウト日まで有効。何か一つくらい参加しようかとも思いましたが、子どもがまだ小さいため今回はスルー。

直ぐ近くの『おんなの駅 なかゆくい市場』へ向かいます。

美ら海水族館の前売りチケットを買ったり、お酒やおつまみを買ったりと、初日から毎日通った『おんなの駅』。今回は、お土産を買いに来ました。

中のショップには定番お土産から、地元の野菜やフルーツまで置いてあり、見ていて飽きません。

外には屋台風のお店がいっぱい。激安でローカルフードを食べることが出来ます。

お腹が空いてきた1歳児。沖縄チジミのヒラヤーチーに食らいつきます。写真食べかけですみません(汗)。

他にも沖縄の炊き込みご飯 ジューシーも子どもが好きな味でした。

そして、

沖縄に来たからにはビーチで遊びたい!

でも、いくら暖かいとはいえ(昼間は長袖Tシャツで過ごせました)、さすがに海には入れない。ランチ&ビーチ散策を兼ねて恩納村のダイヤモンドビーチへ。

私たち以外は人はおらずプライベート感満載。

貝殻やサンゴが砂浜にいっぱい落ちています。

石拾い好きの3歳児。一心不乱に根こそぎ拾います。これで↑、内心めっちゃ楽しんでるんです・・帰りたくないとゴネてました。

ダイヤモンドビーチの道路を挟んで直ぐ向かいには、本日のランチ『タコライス』のお店です。

▽きじむなぁ(沖縄-恩納村)

★★★☆☆3.43 ■沖縄のソウルフードタコライスの専門店。 ■予算(夜):~¥999

コチラのタコライスは、ご飯の量やお肉の辛さを調節できるため子どもに取り分けしやすかったです。

ビーチやランチでのんびり過ごし、気がつくと既に2時過ぎ。

そろそろ本日の宿泊地・那覇へ。恩納村からは約50キロ、1時間弱を一気に移動します。車内ではちょうど子ども達のお昼寝タイム。

3時に那覇着。

今から首里城をガッツリ観光、行ってもいいけど夜のことを考えるとホテルに早めにチェックインしたいよね。

というわけで、国際通りからほど近い『波上宮』をサクッと観光。

神社自体はこじんまりしていますが、公園・ビーチ・森の中の遊歩道が隣接しており、散歩にはもってこい。

この適当な案内。良いですねー、沖縄ですねー。

せっかくなので展望台に登ってみました。周囲の木が鬱蒼としており、思ったほど何も見えない(笑)。

薄っすら『波上宮』見えますか? 崖の上にある神社、まさに波の上ですね。

展望台の周りは遊歩道になっています。

こんな↑木が群生しており、見ていると神聖な気持ちになります。パワースポットと言われているのも納得。

遊歩道を抜けるとローカルな公園。

そりゃあ遊ぶよね・・

と、案外満喫した『波上宮』でした。

そして、本日の宿泊先へ。

GRG ホテル 那覇に関する旅行者からの口コミ、写真、地図をトリップアドバイザーでチェック!旅行会社の価格を一括比較してお得に予約をすることができます。GRG ホテル 那覇は、那覇市で31番目に人気の宿泊施設です。

国際通りまで徒歩10分のビジネスホテル『GRGホテル那覇』。ビジネスホテルとは言え、ベット大きめ、ツインルームは広々。

ジジババが2人で泊まった部屋にはマッサージチェアがありました。

沖縄のEテレ「うちなーであそぼ」を見ています。ローカル番組に私も釘付け。

ベッドは3台を寄せて広々使いました。

多少古さはあるものの、全体的に水回りがキレイで掃除が行き届いている印象を受けました。また、那覇泊するときは利用したいな。

夜6時。ジジババと合流して沖縄最後の夜ごはんに出かけます。

★★★☆☆3.46 ■もっと気軽にもっと近くに◆開放的な空間で、新鮮な牡蠣とお酒を楽しめる「南の島のビストロ」 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

国際通りのメイン通りからちょっと奥まったところにあるコチラのレストラン。

最終日なので沖縄料理以外で、普段の家庭料理ではちょっと食べられないものを、といった基準で選んでみました。

料理の写真が一枚もないのですが・・

どれも非常に美味しかった! もしご興味ある方は上に貼った食べログサイトから覗いてみてください。沖縄料理にこだわらなければ、超オススメのレストランです。

お店の奥の座敷席に通されました。大きくてふわふわのクッションあります。子ども達、クッションの山によじ登って脱走を試みてます。

ごはんの後は、夜の国際通りをブラブラ。

誘惑が多いです。全てのお店に引き寄せされている子どもとジジ。ちゃっかり色々と買ってもらっていました。

【4日目】移動日

最終日は移動だけ。義理実家組は乗り継ぎがあるので昼の便で帰ります。

の、予定だったのですが、まさかの機体トラブルによる2時間の遅延・・

急遽、予定より30分遅い便に振り替えてもらい事なきを得ました。那覇で足止め、乗り継ぎは時間ギリギリというバタバタっぷり。

でも、子ども達にとっては飛行場も格好の遊び場。ヒマを持て余すという概念は無さそうでした(笑)

羽田に到着してからも・・

わが家の2人は、出発ロビーにあるプレイジムで小一時間遊んでから帰りました。

まとめ

ジジババ・子どもと大人数での旅行。

行くまでは、

マイペースな子ども達、観光したいジジババ、みんなが旅行を楽しめるかな?

不安でした。

ですが、

  • 予定を詰め込めすぎない旅行プラン
  • 昼間は各家族で好きなところに行こう!
  • だけど、夕飯だけは全員集まって

と、かなり自由にしたところ付かず離れずな気楽な旅になりました。

普段は会えないジジババ、そして従兄弟の子ども達と毎日毎晩一緒に過ごし・・3歳娘は自宅に帰る直前に、またホテル戻りたいと泣いてしまいました。

とても楽しかったんだね。

毎年とは行かないかもしれないけど、またみんなで家族旅行したい!

そう思った冬の沖縄家族旅行でした。

それでは、

2回にわたり、わが家の旅行記にお付き合い頂きありがとうございました!

ランキング

▽ランキングに参加中です

にほんブログ村

スポンサーリンク

\ Share the article /

コメント

  1. あかりんご より:

    沖縄とっても楽しそうでよいですね~
    読んでいてなんだか自分も旅行した気分になってしまいました。大人数、子供連れでこんなにも充実した旅行になるものなんですね!ヨリさんの計画性に脱帽です。
    我が家も久しく旅行など行っておらず、復帰前に行っておきたい!とも思っているのですが、0歳2歳を連れては無謀かもと躊躇してしまってます…。

    • yori より:

      長文な旅行記にもかかわらず読んで頂けて嬉しいです。
      沖縄、子連れにはちょうど良かったです。これ以上距離があると、飛行機移動で消耗しそうでした…。
      ブログにはついつい良い面ばかり書いてしまいましたが、
      わが家の場合は
      ・車慣れしていない1歳児が、1日目のレンタカーでギャン泣き
      ・沖縄タイム(色々手続きがゆっくり!?)で、義理母が不機嫌(笑)
      と、色々ありました。
      なので「計画性」について褒めて頂き恐縮です。
      でも、それも含めてとても良い思い出になりました。

      あかりんごさんの「復帰前に旅行に行っておきたい」気持ち、すごい共感です。
      確かに0歳2歳はまた大変さのレベルが一歩上ですが、近場・子供用の設備が整ったホテルの滞在型であれば、親の負担も少なそうです。
      お互い、無理ない範囲でレジャーを楽しみましょう!

      • あかりんご より:

        色々あったとしてもこれだけスムーズに完遂できたのはすごすぎですよ~!
        毎日の家事育児で体力のほとんどを消耗してしまっていますが(笑)、なんとか近場で楽しめそうなところを探してみようと思います。(余力が生まれるかどうかは保育園の結果次第ですが…)

        • yori より:

          保育園の結果・・わが家も戦々恐々して待っています。確かに、これが片付くまでは、気持ちがザワザワして落ち着きませんね(汗)
          あかりんごさんのお宅にとって、良い結果となることを祈っています!