0歳・2歳・4歳との暮らし(noteの日記③)

スポンサーリンク

ひきこもり休暇のGWは、5日連続でnote記事を紹介したいと思います。

読み返したい育休中の日記

3日目は「0歳・2歳・4歳との暮らし」について。 ピックアップしたのはこちらの3つです。

川の字なんて、所詮まぼろし

娘と私の「賽の河原」での処世術

子どもの晩ごはんは「コース料理」

2年前の、0歳・2歳・4歳の「寝る」「遊ぶ」「食事する」を書いた記事。読み返すとほぼ愚痴で笑ってしまいました。大変だったなぁ。

寝ることを書いた「川の字なんて、所詮まぼろし」は今でも同じ状況です。2歳(末っ子)は私のお腹を枕にし、4歳(真ん中)は私を枕を奪います。ただ6歳(長子)は、一人で眠りにつくようになりました(寝室は一緒)。

2歳(真ん中) vs 4歳(長子)の戦いを書いた「娘と私の「賽の河原」での処世術」は人が変わりまして、いまでは4歳(真ん中)が2歳(末っ子)におもちゃを壊されて泣いています。これぞ因果応報。

育休中の晩ごはんを書いた「子どもの晩ごはんは「コース料理」」。復職後の今はコース料理というよりビュッフェ形式。帰宅後よーいドンで食べられるよう、作り置きした大皿料理をぽんぽんと並べています。

とまぁ、2年経ち少しずつ子どもとの暮らしぶりが変わってきており、読んでいて面白かったです。

今年のGWは、リビングに布団を敷き詰めて寝るまでテレビを解禁。

▽ 別ブログのnoteはこちら

保育園児3人(年長、年少、2歳)の母。通勤電車で育児日記を書く日々。暮らしのブログも運営中

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /