今年最後のゴーヤチャンプルーを作った

スポンサーリンク

今年の夏はベランダでゴーヤを育てました。

グリーンカーテン・スタート(別ブログ)

グリーカーテンが目的ですが、出来れば収穫できる植物がいいな、とゴーヤの苗を植えました。しかし今年は残念ながら不作……。小ぶりなゴーヤが1,2個獲れて終わりました。残念。

という話を、職場の雑談でぼやいていたら、先日、立派なゴーヤをいただきました。家庭菜園で種から育てたとのことで、わが家とは規模も、手のかけかたも全然違う。もちろん出来上がりも違うわけで、いただいたゴーヤはスーパーで並んでいたら迷わず手に取りたいと思うほど、大きくつやつやしています。

ゴーヤといえば、わが家は「ゴーヤチャンプルー」一択です。2年前にゴーヤを育てたときはわんさか収穫し、わんさか調理して食べました。レシピはいつも、白ごはん.com を参考にしています。塩、コショウ、醤油のシンプルな味付けながら、とてもおいしい。

(よく作るレシピはノートに書き写して管理)

チャンプルーのお肉は「豚小間」や「スパム」が定番ですが、今回は冷蔵庫に残っていた魚肉ソーセージを入れてみました(ちなみに夫が作りました)。チャンプルー in 魚肉ソーセージは子どもが食べやすい味付けでした。

ただまぁ、6歳と4歳にとっては、ゴーヤはとても苦く、まったく口にできない野菜。今回は豆腐とお肉中心に食べていました。子らがいずれ大きくなり、「夏は、よくゴーヤチャンプルーが食卓にあがったなぁ」と懐かしんでもらるとうれしいので、大好きなゴーヤチャンプルーは来年もまたたくさん作りたいと思います。

・・・

▽ 参考レシピはこちら

白ごはん.comの「ゴーヤチャンプルーの作り方」のレシピページです。ゴーヤの苦味を取る簡単な方法をはじめに紹介。後はゴーヤ、豆腐、卵、豚肉の組み合わせでシンプルで美味しいゴーヤチャンプルーを作ります。和風の顆粒だしなんか入れなくても十分美味しい!そんなゴーヤチャンプルーを写真つきで詳しく紹介しています。

▽ 最近のごはん、こちらもどうぞ

ドライカレーの子供の食べがとても良かった

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /