妊娠後期から赤ちゃん抱っこ期のコート|ポンチョが最高だった

スポンサーリンク

3人目にして、はじめての冬妊婦です。

大きいお腹でこの冬を過ごすには、どんな服が良いだろう?と、シーズンはじめに1枚コートを新調しました。

関連記事 毎日着たいウールコートの色とスタイル

これで、私のもっているコートは次の3着。

  1. ダウンコート
  2. コクーンコート
  3. ポンチョコート

今回は、妊娠10ヶ月のいま、真冬の都内で私が着ているコートについて振りかえりたいと思います。

・・・

まずは「ダウンコート」

昨年の冬は、真冬に公園遊びをする長女&長男につきそっていたため、ほぼ毎日きていたこのコート。

ですが、ダウンはスッキリ着たいと、細身のデザインを選んだため、10キロ以上増えた妊娠中の今年は腕まわりがパツンパツン…

全く出番なしで、今シーズンは終わりそうです。

・・・

そして、今シーズンに新調した「コクーンコート」。

View this post on Instagram

ヨリさん(@yori.mi.chi)がシェアした投稿

ダウンと違って、腕まわりに余裕があり、身幅はゆったり。

コクーンコートは、妊娠8か月までチャックをしめて着ることができました。

しかし、ぐんとお腹が大きくなった9ヶ月すぎ。

なんとかチャックはしまるけと、お腹の締めつけがキツい…

ここ最近は、真冬だけど前を開けてきています。

大判のストール(写真は数年前の無印で購入した膝かけ用のストール)をぐるぐる巻きにして、防寒対策しています。

・・・

最後は「ポンチョコート」

View this post on Instagram

ヨリさん(@yori.mi.chi)がシェアした投稿

実は、妊娠後期のいま、一番着ているコートはポンチョコートでした。

はじめに、デメリットをあげると「腕の可動範囲が制限される(動きにくい)」「袖からの隙間風が寒い」と、自転車通勤や、子どもが歩くようになってからの生活には不向きなコート。

7~8年前から着ているし、そろそろ手放す時期かなぁ。と思っていましたが。

激しく動くこともない妊娠後期の今年は、るポンチョタイプがとても重宝しています!

産休中の今は、ほぼ毎日この格好(笑)

大きいお腹でも前ボタンがムリなく留まります。

なんなら、赤ちゃんを抱っこしたままでも、ボタンが留まります。

上の子が赤ちゃんだった頃は、抱っこ紐のうえからバサッと羽織り、赤ちゃんごと包まって着ていたなぁ。

と、私にとって愛着のあるポンチョコート。

おそらく来年も断捨離せず、クローゼットに置いておきたいと思っています。

▽妊娠中も少ない服で暮らしています。

マタニティ・授乳期を乗り切る少ない服

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /