マタニティ・授乳期を乗り切る少ない服

スポンサーリンク

「管理できる数の服で暮らそう」

毎日着るものに迷っていたアラサーの頃、そう決意して服を厳選しました。

手元に残った服はオールシーズンで40~50着ほど。

仕事もしているしオシャレも楽しみたい、これ以上は減らせないな。

ある程度「断捨離」し終わった後、そう思いました。

しかし、

突然ブレイクポイントがやってきます。

それは、「妊娠」

2回の妊娠・出産でさらに半分近くの服が減り、現在は30着以下で十分足りるかなと思っています。

そこで今回は、服が減るキッカケとなった「マタニティ期」と「産後授乳期」のワードローブについて振り返ります。

マタニティ服(春・夏)

どんどんお腹が大きくなるマタニティ期、あっという間に手持ちのボトムスが入らなくなり、急いで買いに行かれる方も多いのではと思います。

でも、妊娠中だけ着る一時的なマタニティ服。なるべく増やしたくない・・

そこで私が専用で購入したのは、

  • マタニティ専用のボトムス:2着

以上。

ボトムスは黒と白を2着。妊娠中は春〜夏だったので、交互に洗濯して着ていました。

そして気がつきました。

ボトムスは黒・白の2着あれば、どんなトップスにも合うし、事足りる!

ということに・・

それからは、お仕事パンツは年間通して「3着まで」に絞るようになりました。

色は白・黒が基本、残りの1色はその時の気分で(育休中の現在は、会社には絶対履いていけない「デニム」をチョイスしました)。

マタニティ中のトップスは特に専用のものは必要なく、少しゆったりした普通の洋服で十分いけました。

写真は妊娠中に購入して、現在も春夏によく着用しているトップスです。

個人的には、普通丈のピタッとしていないトップス+細身のマタニティ用ボトムスの組み合わせが最強の『妊婦オフィスカジュアル』でした。

産休までソツなく仕事をこなしたかったこともあり、当時は「妊婦さん」にあまり見られない格好を好んで着ていました(職場では十分「妊婦」ということで気を使っていただきました。本当にありがたい・・)。

そして、上記の格好の時は、周囲の方々から「あれ? ほんとに妊娠中? 」と産休直前までよく言われることが多かったです。

授乳服(秋・冬)

授乳期の洋服は、

  • トップスは母乳をあげやすいよう、シャツなど胸のところがあくもの(専用の服も多数あり)
  • ボトムスはマタニティ用を継続するか、ウエストゴムのもの(出産半年くらいは元のサイズに戻らない)

と、こんな感じが多いと思います。

しかし、私の場合を振り返ると授乳専用のトップスは特にいらないかな、といった感想でした。

それはコチラのおかげ。

「授乳ケープ」です。

これ一枚あれば、だいたいどんなトップスでも気にせず授乳可能。

何着も専用トップスを買うより経済的でした。

授乳期は秋・冬だったので、トップスはたくし上げやすいニットが3着。全てユニクロのコットンカシミアシリーズです。Tシャツかよ!? ってくらいガシガシ洗濯してました。

ボトムスはもともと持っていたウエストがゴムで調整できるスカートとパンツの2着。中に補正下着を履いていたので、服を着ると一見お腹ペッタンコ。体型詐称してました(笑)

まとめ

少ない服で過ごす「マタニティ期(春・夏)」と「授乳期(秋・冬)」。私の場合は、

マタニティ期

  • 「マタニティ専用のボトムス」2本(白・黒)を購入
  • トップスは手持ちのゆったりしたものでOK

授乳期

  • 「授乳ケープ」を購入
  • トップスはたくし上げやすい「ユニクロニット」で
  • ボトムスはゴムウエスト+「骨盤を締める補正下着」を購入

で過ごしました。

マタニティ期・授乳期は、トップスとボトムスの形が否応なしに同じになります。しかし、それが案外心地よかった・・

これが今の自分のスタイルなんだ、と迷いなく服を選び、着ることができました。

こちらのブログでも少し触れましたが、

関連記事 似合う服が分からない30代、なのでトップスの形を同じにしてみた

「バリエーションの呪い」を断ち切ることができたのは、マタニティ期・授乳期で同じスタイルの服を毎日着る快適さを知ったからなのかもしれません。

参考

私が購入した「マタニティ期・授乳期」のアイテムです。ご参考まで。

マタニティパンツは『ANGELIEBEエンジェリーベ』の水天宮店で試着して購入しました。

楽天でもお取り扱いしています。

私が購入したモノはすでに販売されてないようですが、参考までに同じシリーズ「P・パンツ」の商品リンクを貼っておきます。

▽オフィスカジュアルにピッタリなマタニティパンツです。

【マタニティ パンツ】P・パンツ ストレッチツイルセンタープレス

授乳ケープはこちらの「ローラ」を選びました。ピンク好きなんです。

▽授乳ケープ

【送料無料メール便】アダーカバーズ 授乳ケープ アダーカバーズ ナーシングカバー ワイヤー入り アダーカバーズ Udder covers

「補正ガードル」は、産後2ヶ月〜半年まで毎日履いていました。

産前体重増加がプラス13キロ、妊娠前の体型は普通体型(BMI19くらい)でサイズ64がぴったりでした。

▽産後用の体型補正ガードル

【送料無料】【マタニティ】ワコール シェイプマミー ガードル【産後用ガードル/リフォーム/ガードル/ベルト/産後/インナー/下着/妊婦/マタニティー】

▽ ブログで紹介したアイテムまとめ

スポンサーリンク

\ Share the article /