2019年夏の夕飯メニュー・総集編

スポンサーリンク

今回は、3人目育休中のこの夏によく作った夕飯メニューをまとめたいと思います。

というのも、来年度から共働きの再スタートを切るわが家。勤務時間の関係で、平日の食事づくりは夫が担う予定です。そのため、私が育休中で取り組んできた「家事(食事づくり)」は、夫と共有しておきたい──そんな狙いもあり、平日夕飯メニューの記事はブログでぽちぽち記録してきました。

関連記事 準備時間は30分。平日1週間の夕飯メニュー(5月第3週目)

一方、私はnoteでも育休日記を投稿中。

で、気がつくとここ最近のnoteは見事に夕飯ネタばかりなのです。まあ、生活の中心が育児・家事(おもに食事づくり)なので、しょうがないけれど。

ただ、夕飯メニューはnoteよりブログに置いたほうがまとめて読めてよい?と思いなおし、今回は直近noteを振りかえりつつ、2019年夏に本当によく食べた夕飯メニュー「5品」を厳選ピックアップしたいと思います。

誰得?私得です!

1.山形のだし

夏の常備菜といえば「山形のだし」。

今年は、夏の前半によく作りました。わが家のレシピと食べかたを書いたnoteはこちら。

夫と食卓を囲むようになって、早10年。 お互いの、慣れ親しんだ家庭料理の味を受け継ぎつつ、「これが、うちの定番料理」といえるレシピが、いくつかできた。 山形の「だし」も、そのうちのひとつ。 私自身は、夫と暮らすまでその存在すら知らなかった「だし」。 けれども、だし県民(もしくは芋煮県民)の夫からレシピを伝授し...

ブログでも作り方をざっくりおさらいすると、

  1. 好きな夏野菜・香味野菜をみじん切りにする(わが家の定番は、キュウリ・茹でおくら・みょうが・大葉。コツは出来るだけ細かくすること。)
  2. 上記の刻み野菜に麺つゆ、刻み塩昆布、すりおろし生姜をいれて混ぜる(コツは薄めに味付けする←濃さは後からでも調節できるので)
  3. 1時間寝かせて出来上がり
2.じゃがいも料理

夫の実家から大量のじゃがいもが送られてきたため、今年の食卓はじゃがいも祭り。

まず、「じゃがいもポタージュ」。

袋いっぱいにじゃがいもが送られてきた。 家庭菜園をしている義理実家からの救援物資だ。じゃがいもは子ども達の大好物なので、とてもありがたい。 長女(4歳)は「ポテトチップスはじゃがいもである」に気がついてからますます好きになったみたいだし、長男(2歳)はファーストフードのフライドポテト Lサイズをひとりで食べきって...

はじめは、物珍しさ(?)もあり、「美味しい、美味しい」と食べてくれた子どもたちですが、頻繁に出しているうちにどうも食べがわるくなり…。

最近は「フライドポテト」と「ジャーマンポテト」のツートップで攻めています。

こちらは、とある日の夕飯準備中。

夕飯が待ちきれない子どもたち(おもに2歳児)はキッチンカウンターから顔をだし、ちょくちょくつまみ食いをしています。

仕方がないので、お好きにどうぞ、バイキング方式で食卓に並べると、

フライドポテトは秒殺でなくなってしまいました。作り甲斐があります。

レシピというほどでもないですが、「フライドポテト」は、じゃがいも千切りに小麦粉をまぶして素揚げ。「ジャーマンポテト」は、先にしっかり炒めた玉ねぎスライスに、ベーコン、じゃがいもを加えてさらに炒め、コンソメと塩で味を整えています。

3.海鮮丼(アボガドロ丼)

今年から、4歳と2歳のふたりはお寿司(生魚)デビューしました(といっても、食べるのはトロとイクラのみ)。

そこで、夕飯メニューのラインナップにも「海鮮丼」を追加。

お刺身をそのままご飯の上にのっけるだけのお手軽メニューなので、かなりの頻度で食卓に登場しました。

2019年夏。暑くて台所に立てない。 大げさではなく本当に台所に立てない。1週間前にリビングのエアコンが壊れてしまい、リビングとひとつづきのキッチンは蒸し風呂なのだ。昼間の室温は体温より高い。子ども3人残して私が倒れるわけにはいかない。 そんなわけでいっさいがっさいの家事を放棄し、日中は赤ちゃんとともに物置部屋へ...

子どもたちの定番は「まぐろのたたき」と「アボカド」をのせた海鮮丼。これにお味噌汁もつけて、アボガドロ定食です。超簡単。

4.カレー

上記noteの後半でも書いていますが、この夏はぶたやまさんのカレーにハマりました。ほんっとに美味しいの!!(語彙力)

レシピはこちらを参照しています。

家族を置いて出かける日は、カレーを残していく。 ウチは夫も料理をするし、子供たちも大きくなったので、夕飯を置いて行かなくても飢えることは無い。 まあ、完全な自己満足ではある。 カレーを作るのは好きなのだ。 普段はひたすらにやり過ごす事を考えるが、カレーについては、それほどやり過ごしたく無い(ことが多い)。 今日...

このレシピの特徴は、炒め玉葱とすりおろし野菜で事前にカレーペーストを作ってしまうところ。

このペーストは冷凍できるため、あると何かと便利です。私は、しなびた人参を発見するとすかさず全部すりおろしてカレーペーストにしてしまう癖がつきました。

5.焼きビーフン

最後は、ケンミンの焼ビーフン。その作り方はキングオブ簡単で、野菜、肉と一緒にフライパンで3分間蒸し焼きにするだけ。やる気ゼロのときのお助けメニューです。

乳幼児のいる家庭あるあるだと思うけど、週末は疲れを癒す日ではなく、平日以上にヘトヘトでクタクタ。日曜の夜は尚更。 本日、日曜夕方のこと。 連日のお出かけで買い出しする時間はなく、冷蔵庫をいくら覗いても今日の夕飯は準備できそうにない。そして、料理する気力も残っていない。 今日は……お惣菜かってこよ……。 (わざ...

また、私のひとり昼食でもよく食べていました。

ビーフンと一緒に蒸し焼きする具材は、トマトやパプリカなどの夏野菜でもいいし、お肉のかわりに油揚げや厚揚げ、ベーコンでもいい。冷蔵庫の残り物はだいたい何でも美味しくなる、懐が深い食品です。大好き。

以上、思いつくままに「5品」あげてみました。

眺めてみると、夏の料理は「素材そののまま」や「一品料理」が多い。夏場はあまりキッチンに立ちたくありません。

まもなく実りの秋。暑さがやわらぐ頃には料理熱が復活するでしょうか?

また気が向いたとき、夕飯メニューをまとめたいと思います。

(ちなみに今回のヘッダーは私の好物「タコライス」。ですが、子どもは一口も食べなかった撃沈夕飯メニュー。来年、またリベンジするぞー)

▽ 平日夕飯メニュー、こちらもどうぞ

やる気があるのは1日だけ。平日1週間の夕飯メニュー(5月第4週目)

ランキング

▽ランキングに参加中です

にほんブログ村

スポンサーリンク

\ Share the article /