夫の入院。サポートなしの核家族が無性に不安になった話

スポンサーリンク

都心部で暮らす核家族。

とくに珍しくない家族形態ですが、わが家もそのなかの1世帯です。

スープの冷めない距離に、親はもちろん兄弟や親戚もいません。

たまに、実家フルサポートなママ友を見ると「いいな〜」とないものねだりしてしまうこともありますが、ふだんは夫婦2人でもそこまで大きな不安もなく過ごしていました。

が、

今回は、無性に「核家族」の状況が不安になったお話です。

* * *

週末にひいた風邪をまだ引きずっているようで、1日中ダルさが残った月曜日。

「今日は暖かくして早く寝よ!」と子どもたちと一緒に家路につきます。

急いで玄関を開けると、

・・・倒れている夫の姿が目に飛び込んできました。

夫「おかえり〜」

よ、よかった、

どうやら話すことはできそうだ。

なんと「ギックリ腰」になってしまったかも、とのこと。

そういえば最近、腰が痛いと仕切りに言っていた。

救急車よんだほうがいい?

夫「すこし横になれば、動けるかもしれない」

そうか、とりあえずそのまま寝てもらうとして、問題は子どもたちです。

ふだんの夕飯準備は先に帰ってくる夫がしているのですが、もちろん今日は何もない。

一方で、4歳・2歳の子どもたちはお腹を空かせてグズグズ。

「早く食べられるものは?」とたまたま買い置きしていたレトルトカレーを見つけ、ホッと胸をなでおろします。

そこからは、ご飯、片付け、お風呂、洗濯と、怒涛の家事をワンオペでこなし、子どもの寝かしつけが終わった21時半。

夫よ。

どう?起き上がるのはやっぱり無理そう?

「うん。ちょっと救急相談に電話してみる。」

結局、救急車で病院に行ったほうがよいという事になり、夜中に1人で病院へ搬送されていきました。

本当は付き添ってあげたかったけど、わが家には小さな子どもたちもいる。

さぞかし、夫は心細いだろうな。

そういえば、最近ずっと腰が痛いと言っていた。

私が妊娠中ということもあり、ここ数ヶ月は週末の子どもの相手から平日の家事まで、夫が担ってくれていました。

多分、想像以上に疲れていたんだと思います。

夫婦と小さい子どもの核家族。

大人が2人いるとはいえ、どちらかがしんどいと、もう一方の負担も大きくなってしまう。

頭では理解していたつもりでしたが、実際に経験すると「これからも、核家族でやっていけるのかな」と無性に不安となり、胸が締め付けられるようでした。

嵐のような夜から一転、ふだんより静かな深夜。

今日は、目が冴えて眠ることが難しい。

が、「私まで倒れるわけにはいかない」と、体力回復のためにも羊を数えることに集中する夜を過ごしました。

* * *

翌日。

入院手続きや、病院に荷物を持っていくため、わたしも会社を休みました。

一晩たって自力で座れるくらいになった夫。

ただ、歩けるまでには至らず、もう1日入院して様子をみるとのこと。

うん。

それがいいかもしれない。

家にいると、どうしても子どもたちが「パパ〜」となるから、ゆっくり休めないよね。

ひさしぶりに、数時間ほど夫婦で過ごし、私の昨夜の不安も徐々に和らぎます。

「ヨリの体調は?週末つらそうだったけど、大丈夫?」

そういえば!

忘れていたけど、翌日になり私の風邪はすっかりどこかに消えていました。

夫いわく、実家にわが家の状況を伝えておいたとのことで、私の体調次第ではすぐに義理母が駆けつてくれるよう。

・・サポートなしの核家族。

そう思っていましたが、いざという時にはたとえ飛行機距離でも無条件で助けにきてくれる家族がいる。

そして。

「家族の問題」にもかかわらず、暖かく状況を見守ってくれた職場や、長時間預かってくれた保育園の存在にも、精神的に助けられました。

意識していないだけで、実はサポートめっちゃされている!!

あらためて、今の環境に感謝です。

さて、月曜日に始まったわが家のギックリ腰騒動。

夫は水曜には歩けるようになり無事に退院。

木曜日は家で休養し、金曜日から「やばい、休みすぎて有給がなくなる」と、なんとか会社に行きました。

さあ、

長かった1週間でしたが、やっと辿り着いた金曜日。

家族みんな、やっと完全復活だね!!

と、思いきや

2歳の息子が金曜の朝に発熱。

有給のない夫に代わり、比較的仕事の調整がついた私が、またまた会社を休む羽目になったのでした。

▽そういやインフルエンザで一家全滅の危機もありました(汗)

インフルエンザ、家庭内パンデミック

スポンサーリンク

\ Share the article /

コメント

  1. やま より:

    ご主人、無事に退院されて何よりですね。
    ヨリさんも大変でしたね。お疲れ様でした。
    息子さんは回復されたでしょうか?

    我が家も昨年、ダンナさんが夜釣り中にめまい
    で倒れ、自分で救急車を呼んで入院したことが
    ありました。
    幸いにも義両親が電車で30分圏内に住んでいる
    為、付き添いをお願いできました。
    が、同じように眠れない夜を過ごしました。
    普段、子どもの体調には気をつけているものの、
    大人の体調変化には疎くなっていたなぁと反省
    したことを思い出しました。

    • ヨリ より:

      やまさん、ご心配いただきありがとうございます。
      息子の熱も1日で下がり、今週は全員元気に会社&保育園に行けました。
      ほんと健康が一番です・・

      ご主人も入院されたんですね!
      「めまい」だと、原因がハッキリするまでさぞ不安だったろうな、と思いました。
      なんだかんだ、子育て世代は心も体も負担がかかりますよね。
      お互い無理せず、いきたいものですね〜〜

      話は変わりますが、前回コメントで教えてもらった「身の上話」を早速読んでいます!
      まだ初めのほうですが、すでに展開に引き込まれて、続きが気になっています♪