子供の食卓はダイニングテーブル派・ローテーブル派?

広告




わが家の食卓は「ローテーブル」です。

今回は「1年前に非常に迷って購入したが、現在ちょっと後悔・・」といったお話です。

ローテーブルは「無印良品のローテーブルを選んだ3つの理由」に詳しく書きましたが、無印良品のテーブルを使っています。

この商品自体はとても気に入っています。

ただ、すっかり忘れていました・・

1歳なりたての子とローテーブルの食卓の組み合わせが最悪だったということを

子育て中の部屋づくり「イス生活」と「ユカ生活」で悩む

いよいよ2人目の出産を間近に控えたころ、わたしの母が1ヶ月間住み込みで手伝いにきてくれることになりました。

当時、食卓となるテーブルは「折りたたみ式のローテーブル」と「ダイニングテーブル・イス2脚」の2つ。

どちらも小さめ、大人2人用のサイズです。

母が来ることだし、このタイミングでどちらかを4人用サイズのテーブルに買いかえなければ・・

これから始まる子ども2人との生活を想像し、ダイニングテーブル(イス生活)か、 ローテーブル(ユカ生活)でおおいに悩みます。

わたし自身はダイニングテーブルの生活に強い憧れがありました。

ここで子どもの宿題を見てあげたり、コーヒー飲みながら読書したり・・と妄想。

今の2LDKマンションに引っ越した当初は、「リビングが広くなったことだし、いずれ大きなダイニングセットを買おう」とはりきっていました。

2歳児の食卓事情

ですが「いざ購入!」のころ、もうすぐ2歳(当時)のむすめの食事がとても大変でした。

(いまは3歳になり多少マシにはなりました)

外食先では子ども椅子に座りたがらなくイヤイヤ。

家のなかではご飯中にウロウロ歩きまわり、つかまえてなんとか食べさせる。

といった状況で、ダイニングテーブルに座って大人しく食事するイメージが全くできませんでした。

(床に盛大にこぼしそう・・)

一方で、コンパクトなソファに買いかえ、あらためて「ユカでゴロゴロする生活もいいな〜」と感じていたタイミングとも重なり、

子どもが小さいうちはユカ生活にしよう!

なかば勢いでローテーブルを購入しました。

リビングに「ダイニングテーブル」と「新しく買いかえたローテーブル」の両方を置くと、もう部屋がぎゅうぎゅう。

ダイニングセットは処分を決めかねて、とりあえず空いている和室に移動しました。

1歳児の食卓事情

そして下の子が1歳になりました。

とたんに成長の大爆発!

(とくに身体能力、男の子のパワフルさに圧倒されています)

みんなで食事中に、スルッとバウンサーから抜け出してローテーブルに突進。

わたしが1歳児をつかまえているすきに夫が急いで残りのご飯を食べ、終わったら攻守交代でわたしの食事・・

もうゆっくり食事どころではありません。

あれ・・?

そういえば上の子1歳のときもこんな感じだったっけ。

すっかり忘れてしまいましたが、当時も、たまらずダイニングテーブルで大人は食事をしていたような。

やはり子どもが小さいうちは『イス生活』が正解?

後悔が頭をよぎります。

夫「今さらだけどベビーサークル買う?」

私「んー・・」

それが良いのかもしれません。

そんなある日のわが家。

本日は家で「焼肉」です。

もちろんローテーブルでは危なっかしくて出来ません。

でも焼肉はしたい!

迷ったすえ、仮置き中のダイニングテーブルを引っ張りだしました。

伸縮タイプなので一応4人座れます。

おお!

「その手があったか!」

和室に臨時のダイニングスペースが出現です。

部屋の隅にサーキュレーターを配置して、ゆっくり焼肉を満喫することができました。

1歳むすこはテーブルの下でウロチョロ遊んでいます。

さいごに

「食卓をローテーブルにして失敗したかも〜」

ついつい保育園ママに愚痴ったところ、

「でも子どもの成長を見越して買い物するって無理だよね。何が問題になる全然予想できないもん!」

うん。

その通りだと思います。

子どもの成長をイメージして買い物をするってとても難しい。

そんなとき、参考になったのは子育て中のアレコレを発信するブログの数々でした。

あわよくば、このブログもこれから子育てをはじめる方々のモノ選びのお役にたてればいいな〜と思っています。

もしかしたら、下の子が2歳になったの時

「ローテーブル生活はとっても良いですよ!!」

と、コロッと言っているかもしれませんが・・今は「子どもの食卓はダイニングテーブル派」に一票入れされて頂きます!

追記

この記事のエントリーから半年がたち、下の子は1歳半になりました。

最近は手づかみで食べたい時期、ボロボロこぼしながらも一生懸命食べ物をほうばっています。

わが家はやっと落ち着いて食卓を囲める日もあり、最近はローテーブル生活もまんざらじゃないなぁと感じる日も増えてきました。

広告




\ Share the article /